検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

37件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
放っておくと危険!クラミジアの症状とは?抗生物質できちんと治そう
性感染症のクラミジアは、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで発症します。性感染症の中でも代表的な病気と言われており、特に若い世代に多い病気です。

クラミジアは自分の力で繁殖できないため、人の粘膜や粘液を媒介にして増殖し、他へと感染を広めていきます。しかし、粘膜や粘液に寄生しないと存在できないため、空気感染などはありません。性行為などによって、粘膜や粘液、体液を媒介にして感染する病気です。

主に性行為および、それに近い行為で感染します。セックスをせずに、キスやフェラチオだけでも感染することがあるので、注意が必要です。感染した手で目を触って、目に症状が現れるケースも見られます。

クラミジアに感染しても、すぐに症状が出るわけではありません。約1~3週間の潜伏期間があるからです。潜伏期間が終わった後も症状が出にくい場合があり、感染していることに気付かないケースもよく見られます。特に、女性にその傾向が強いと言われています。

クラミジアの感染場所としては、男性は尿道、女性は膣子宮頚管が一般的です。しかし、喉や目の粘膜に感染することもあり、感染した場所によって症状に違いがあります。

尿道に感染した場合は、おしっこをするときに違和感や痛みが生じます。また、少量のうみが出て下着が汚れることもあります。日常生活でも患部がむずむずする、かゆいなどの不快感が生じるケースもよく見られます。

尿道に感染したクラミジアが繁殖し、精巣にまで感染が進むと、睾丸が腫れる、下腹部に圧迫感が生じるなどの症状が起こります。また、それが原因で不妊を引き起こすこともあるのです。

女性の場合は尿道ではなく、膣や子宮頸管に感染するケースが多く見られます。症状としては、おりものの量やニオイがふだんと違う、不正出血、かゆみ、下腹部が痛むなどがありますが、症状がほとんど見られず、感染に気付かないケースも多いのです。感染に気付かないと症状が進み、卵管にまで細菌が増殖して、不妊症の原因となることもあるので注意が必要です。

喉に感染した場合は、喉が痛い、喉が腫れる、熱が出るなど、喉の炎症が見られます。咽頭炎と同じような症状なので、クラミジアだと気付かないケースも多いのです。

アナルセックスを行った場合は、肛門に感染することもあります。

目に感染した場合は「トラコーマ」と呼ばれ、炎症が起こります。結膜が充血する、目やにが出る、瞼が腫れるなど、結膜炎と同じような症状なので、こちらもクラミジアと気付かないケースが多く見られるので注意が必要です。

このように、クラミジアは症状が出ても激しい痛みなどを感じないケースも多く、尿道炎や風邪や結膜炎と勘違いする人も多いです。潜伏期間が長いことも、原因を見逃しやすい要因となっており、男性の50%、女性の70~80%が症状に気付かないと報告されています。

クラミジアの感染を予防するためには、性行為では必ずコンドームを使うことです。粘膜や粘液、体液を介して感染するので、それを遮断するためにコンドームを用いることです。100%予防は難しいのですが、リスクを大きく減らすことができるので、オーラルも含め、行為の際にはコンドームを装着する習慣をつけましょう。

何人もの人と性行為を行うのも、リスクを高めます。クラミジアは感染していることに本人が気付いていないケースが多く、これが感染を広める一因になってるからです。

もし感染していることがわかったら、パートナーと一緒に検査・治療を受けるようにしましょう。片方だけ完治しても、相手が感染したままであれば、何度も感染を繰り返すことになるので、意味がないからです。

クラミジアに感染して放っておくと、さまざまなリスクが高まります。代表的なリスクは、他の性感染症にかかりやすくなることです。感染によって患部の衛生状態が悪化するため、免疫力が低下し、淋病を始め、梅毒やHIVなどに感染しやすくなるのです。淋病は抗生物質で完治しますが、梅毒やHIVを完治させる治療法は確立されていません。最悪の場合、死に至ることもあります。

また、男女ともに不妊症のリスクが高まります。不妊症で悩むカップルの多くが、クラミジアに感染しているとの報告もあります。また、女性が妊娠中に感染すると、流産などのリスクも高くなるので危険です。

放置すればその分、性病感染や不妊のリスクが高まります。少しでもおかしいなと感じたら、早めに検査・治療をすることが重要です。

クラミジアの治療では、主にジスロマックやクラビットなどの抗生物質による薬物療法が行われるのが一般的です。ジスロマックやクラビットは、個人輸入代行すれば、低価格で手に入れることができます。

ジスロマックは、肝臓で代謝されることで優れた性能を発揮します。このため、服用中は肝臓への負担を減らすために、お酒を控えましょう。お酒を飲むと、ジスロマックの成分が体にうまく吸収されず、効果を発揮しないことがあるからです。

両者の違いとしては、ジスマロックは1回の服用で約1週間効果が続きます。これに対してクラビットは、毎日服用する必要があります。しかし、クラビットはさまざまな種類の病原菌に効果を発揮するのが特徴で、ラミジア以外にも、呼吸器や皮膚、歯の治療などさまざまな分野で使われています。また、ジスマロックは副作用の1つとして下痢をすることがありますが、クラビットは比較的下痢の症状が少ないといわれています。
抗生物質にはどんな種類がある?違いが分かれば選びやすい!
抗生物質には、多種多様な商品があります。これらは大きく分類すると、5つの種類に分けることができます。

1つ目は、ペニシリン系です。このタイプは主に殺菌を目的として使われるという特徴があり、細菌の細胞壁が作られるのを邪魔する作用を持っています。細胞壁とは、細菌の細胞の周囲を取り囲む皮膚のような役割をしているもので、これが作れなくなってしまうために細菌は細胞の原型をとどめることが難しくなるのです。イメージとしては、水風船を針で突いて穴をあけることで細菌を物理的に破壊します。

ペニシリン系抗生物質には、いくつか注意しなければいけない副作用があります。例えば体質に合わないと、アナフィラキシー症状が起こるリスクが高まります。特に初めて服用する際には、この副作用が起こりやすいため、注意が必要です。

その他の副作用としては、中毒性表皮壊死融解症(TEN)という皮膚に起こるものや、下痢、のどが痛くなってリンパが腫れる伝染性単核症などもあります。

2つ目は、セフェム系があります。これもペニシリン系と同じように、細菌の細胞壁を作れなくする作用を持っており、殺菌目的で使われることが多いという特徴があります。

このタイプの抗生物質は、アルコールと相性が悪いという特徴があります。これは体内で抗生物質が代謝される際には、アルデヒドデヒドロゲナーゼという酵素の働きを抑止するためで、頻脈や吐き気、顔が赤くなるなどの症状が起こってしまいます。こうした副作用を予防するためには、服用期間中と服用修了後3日程度は、アルコールを控えるのが賢明です。

またこのセフェム系抗生物質は、乳幼児が服用すると低カルニチン症が起こるリスクもあります。特に2週間以上の継続服用だと副作用が出やすくなるため、乳幼児の場合には別の種類の抗生物質を選ぶのが良いかもしれません。

3つ目は、マクロライド系です。これは、細菌のたんぱく質合成を阻害する作用があり、一つ一つの細菌細胞を弱めていくのが特徴です。菌を物理的に破壊するのではなく、働きを弱めることによって抑え込もうという静菌目的で使われます。

マクロライド系の抗生物質は、ペニシリン系よりも副作用が起こりづらいという特徴があります。ただ副作用として下痢になりやすい傾向があり、これは整腸剤などでは防ぐことはできません。そのため、外出する機会が多い人は、マクロライド系の抗生物質はライフスタイルに合わないかもしれません。

4つ目は、テトラサイクリン系です。これもマクロライド系同様に細菌のたんぱく質合成を阻害する働きがあります。他のタイプと比較して、抗菌スペクトルが広く、ほかの抗生物質が撃退できるグラム陽性菌だけでなく、細胞内に寄生する寄生菌に対しても効力を発揮するという特徴があります。ただし、牛乳などカルシウムを多く含む食材といっしょに摂取すると、体内への吸収が低下してしまうため、この抗生物質を服用する際には、カルシウムを中心とするミネラル分は控えるのが賢明です。

また副作用として、めまいがしたり歯の色が黄色く変色することがあります。

5つ目は、ニューキノロン系です。クラビットやジェニナックなどは、このニューキノロン系に該当する抗生物質です。この種類は、細菌のDNA合成を阻害する作用があり、細菌の増殖をストップする殺菌的抗生物質という位置づけとなります。

ニューキノロン系は、副作用として低血糖の症状が起こったり、けいれんが起こりやすくなってしまいます。しかし副作用が起こりにくいタイプの抗生物質のため、近年では幅広い感染症の治療などに用いられています。

こうした抗生物質は、細菌が原因の炎症や感染症に使うことができます。ドラッグストアで市販はされていないものの、海外の個人輸入代行サイトを利用すれば、気軽に購入できます。抗生物質はサプリメントのように毎日服用するものではありませんが、手元にあると万が一の時には大きな安心感となるのではないでしょうか。

特に性病に感染した場合には、なかなか病院へは足を運びづらいものです。そんな時、どの抗生物質を服用すれば治療できるのかが分かれば、誰にも知られることなくこっそりと治療することも可能です。ただし、抗生物質には上記のように多種多様な種類やタイプがありますし、用量なども異なります。そのため、目的に合った適切な抗生物質を選ぶことが、トラブルの早期解決にもつながるでしょう。

ジェネリックの抗生物質として人気のクラビットは、尿道炎や膣炎、クラミジアや梅毒、淋病などの治療に使われています。また口唇ヘルペスや性病ヘルペス、そのほか帯状疱疹などの水疱系の症状に対しては、ゾビラックスが効果的です。カンジタや水虫など真菌性の細菌には、クロトリマゾールがおすすめです。

これらの抗生物質を使用する際には、必ず服用前に用量を確認し、どんな副作用があるのか、また禁忌となっている医薬品はないかを確認したうえで、慎重に服用しましょう。
クラミジアとは?治療に時間がかかる理由や抗生物質について
性病や性感染症と聞くと、多くの人は他人事のように思うのではないでしょうか。ところが、実際は自分でも知らないうちに感染しているというケースが多々あります。特に、国内で最も患者が多いと言われるクラミジアには注意が必要です。クラミジアは、分泌液や唾液に存在する細菌が、性行為を通じて粘膜から粘膜へと感染することで発症します。

性行為でのクラミジアの感染率は50%近くとされており、他の種類の性病よりも非常に感染率が高いのが特徴です。また、性器だけでなく喉にも感染することがあります。ところが、クラミジアは感染しても症状が出なかったり、出てもごく軽かったりすることが多いため、知らず知らずのうちにパートナーを感染させるというケースが多いのです。

男性がクラミジアに感染すると、多くの場合、尿道から感染して尿道炎を発症させます。ただ、感染してもすぐに症状が出るわけではありません。潜伏期間が1週間から3週間ほどあり、その後、尿道に違和感や不快感を覚えたり、排尿時に痛みが出たり、また、膿のようなものが出たりすることがあります。時には発熱や睾丸の腫れなどの症状も表れますが、まったく症状を感じないという人もわりと多いです。それゆえ、自分がクラミジアだと自覚せずに、性交渉によって他人に感染させるというケースが非常に多く報告されています。

女性がクラミジアに感染すると、下腹部に生理痛のような痛みや性交時の痛み、また、おりものに異常が見られたり不正出血が表れたりすることがあります。ただ、男性の場合と同様に、人によっては感染してもほとんど症状を自覚しないケースも多いです。

上記のケースでは、男性も女性もどちらも性器にクラミジアが感染した場合です。ところが、最近は性器だけでなく喉に感染するケースも多く見られるようになってきました。喉に感染するクラミジアを咽頭クラミジアなどと呼びますが、これはおもにオーラルセックスが原因です。

性器の場合と同じく、咽頭クラミジアも症状を自覚しにくく、自覚しても風邪とよく似た喉の痛み程度しか症状がないというケースが多数を占めます。そのため、自分がクラミジアに感染していると知らないまま過ごしている人も少なくありません。オーラルセックスが一般的になった現在、以前のように「クラミジア=性器の病気」というイメージは当てはまらなくなってきました。オーラルセックスを行う場合は注意が必要です。

クラミジアは感染しても症状を感じにくい病気ですが、一度感染すると再発しやすいという特徴もあります。クラミジアが再発しやすいのにはいくつか理由がありますが、一つは、先にも述べたように男女とも自覚症状が少ないことです。自分がクラミジアと知らないまま他人と性交渉を持つと、お互いにそれと気づかぬままその人も感染させてしまいます。
また、性器から感染した場合より、喉から感染した場合の方がさらに症状がわかりにくいのがクラミジアです。そもそもクラミジアが喉から感染することすら知らない人が多数というのも、感染を自覚しにくい一つの理由でしょう。そのため、性器にクラミジアに感染していることに気づき、適切な治療を受けたとしても、喉に感染しているとは知らずに他人と性交渉を持ち、結果、知らないうちに相手に感染させてしまうということも増えています。

なお、カップルの場合、どちらかが症状を自覚して治療を行ったとしても、パートナーに自覚症状がなく放置しているというケースも考えられます。その場合、せっかく治療しても再感染するリスクはかなり高いです。カップルのどちらかがクラミジアに感染していることがわかったら、二人とも感染していると思った方がよいでしょう。

クラミジアは、治療しても完治までに時間がかかることにも注意が必要です。クラミジアは特殊な細菌で、自力では増殖できず、ウイルスのように人間の細胞に入り込み寄生します。クラミジアの治療には抗生物質が用いられますが、抗生物質を使っても、細胞の内部に入り込んだクラミジアだけを攻撃することが難しいです。そのため、クラミジアが細胞から出てくるところを狙い撃ちするしかありません。

ただ、クラミジアが細胞から外に出て別の細胞に寄生するのは数日に1回程度のペースです。それを狙って抗生物質を効かせなければならないため、完治させるまでにはどうしても時間がかかります。

また、クラミジアを治療するための抗生物質は、日本では一般に市販されていません。これも完治に時間がかかることの理由の一つでしょう。

ただし、日本では市販されていない抗生物質ですが、海外で市販されているものを個人輸入で手に入れることは可能です。薬の個人輸入は一般的に難しいというイメージがありますが、個人輸入代行サイトを利用すれば難しいことはありません。誰でも手軽に購入できます。自分の症状にどんな薬が必要なのかわかっているのなら、個人輸入代行サイトで抗生物質を購入するのが時間や労力のかからない方法です。
抗生物質はどのような時に使用する?効果が表れるのは?
抗生物質という言葉を、耳にしたことがあるという人は多いでしょう。しかし具体的に抗生物質とは何かといわれると、正確に答えられる人はあまりいないかもしれません。何となく病気になったときに治療するために使用するものというイメージがあるでしょう。ただ抗生物質を誤って使用すると、逆に副作用などで辛くなる可能性がありますので注意してください。

抗生物質とは、簡単に言うと細菌が原因の感染症を治療するための薬です。ですから新型コロナウイルスのようなウイルス感染による病気で使っても効果は期待できません。いわゆる風邪と呼ばれるありふれた病気があります。のどに痛みを感じる、咳が出るなどの症状は過去に何度も経験したことのある人も多いはずです。この風邪は、大半はウイルス感染することで発症します。つまり風邪をひいたときに抗生物質を服用したところで、治癒は期待できないわけです。中には抗生物質を飲んだ後で、風邪が快方に向かったという人もいるでしょう。しかしそれは、たまたま抗生物質を飲んだタイミングが風邪の改善したときと一致しただけです。自然治癒によるもので、抗生物質が効いたわけではありません。

抗生物質は細菌感染による症状で使用すると効果が期待できます。しかし、細菌の中には抗生物質の効かない種類もありますので注意してください。このような細菌のことを薬剤耐性菌と言います。この薬剤耐性菌ですが、近年増加してきているといわれています。細菌感染の病気は抗生物質を使用すればなんでも改善するわけではないので、この部分も留意しておきましょう。

抗生物質が一般的に使用されるのはどのような病気か、基本的には呼吸器系の疾患で利用される場合が多いです。まずは急性咽頭炎です。のどが痛み発熱するのが主な症状です。急性咽頭炎はいろいろな原因で発症します。もしA群溶連菌が原因の場合には、抗生物質を使用すると快方に向かう可能性が高いです。

子供のころに中耳炎にかかったことのある人もいるでしょう。治療時に抗生物質を使用した経験のある方もいるかもしれません。急性中耳炎を発症した場合、症状が強ければ抗生物質を使用した方がいいでしょう。急性中耳炎は発熱や耳の痛み、耳垂れなどの症状が代表的です。軽症の場合には、放っておいても自然治癒によって快方に向かうことも少なくありません。風邪を引いた後に中耳炎を発症するお子さんは多いようなので注意が必要です。

急性膀胱炎で抗生物質を使用して、対処する方法もあります。急性膀胱炎にかかると排尿時に何らかの違和感を抱くはずです。トイレに行って全て排尿したつもりでもまだ小便が残っている感じがする、血尿といって尿が赤くなり、排尿時に痛みを感じる場合があります。急性膀胱炎は大腸菌が原因のケースが多いです。細菌の一種なので、抗生物質の出番なわけです。抗生物質の摂取にプラスして、水分を意識して取って尿量を増やすことも効果的と言われています。

肺炎で抗生物質を使用する場合があります。肺炎は発熱や咳、痰が絡む、呼吸が厳しくなるなどの症状が見られます。肺炎を見てみると、細菌感染が原因の場合が多いです。ですから抗生物質を使った方法に効果が期待できるわけです。

抗生物質というと、強い薬というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし常に即効性が期待できる薬ではないので、勘違いのないように注意してください。中には1回服用すれば、症状が治まるケースもあります。しかし症状やその度合いによっては数日間飲み続けることで、やっと症状が落ち着くようなケースもあります。

抗生物質を服用して副作用が心配という人もいるでしょう。確かに抗生物質を服用して、何らかの副作用を発症する可能性も否定できません。一般的には皮膚に赤みがさしたり、発疹が発症したりすることもあります。ただし、多くの場合にはそれほど強い症状は出ません。先に紹介したような症状が出ても特段支障がなければ、そのまま飲み続けても問題ありません。中には強く症状が現れる場合も人によってはあるかもしれません。皮膚症状がひどくかゆみなどが我慢できない、全身に発疹が現れた、目や口の粘膜まで荒れているような場合には使用を中断した方がいいでしょう。

また子供の場合、副作用でお腹を壊すパターンも少なくありません。抗生物質を服用したことで腸内細菌のバランスが崩れたことが原因と言われています。この場合、あまりにひどい場合を除きそのまま服用して様子を見ても問題ないでしょう。

抗生物質を服用する際には、お酒は控えることも覚えておきましょう。抗生物質の中にはアルコールの分解を遅らせる働きのある種類も見られるからです。このため、抗生物質を飲んでいるときにお酒も飲んでしまうと普段あまり感じない悪酔いが現れるかもしれません。抗生物質は薬の中でも強い効果が期待できる種類です。ですから普段の薬以上に使用するときには、細心の注意を払ってください。
抗生物質とは何?どんな使い方をするの?
「この症状には抗生物質がよく効く」など、さまざまな機会で抗生物質の名前を聞くものです。実際に服用したことがある方も多いはずです。このように「抗生物質はなにか病気になったときに服用するとよい」というイメージが持たれている一方で、そもそも抗生物質とはどんなものなのか、どんな効果があるのかなどについては十分に知られているとは言えないようです。

抗生物質とは細菌の感染を防ぐ働きを持った薬剤のことです。ですからひとつの薬剤の名称ではなく、同じ効果を持った薬剤の総称として知られています。おそらくもっとも有名なのはペニシリンでしょう。

ブドウ球菌をはじめとした感染症の原因となる細菌の増殖を防ぐ働きを持つペニシリンは1929年に発見されました。これが抗生物質の歴史のスタート、それ以来、長い間人類を苦しめてきた感染症の対策を非常に効果の高いレベルで行うことができるようになりました。医療の歴史上においても非常に画期的なもので、その後抗生物質の研究が進められていくことでかつては不治の病と言われてきた病気も治療ができるようになりました。かつて多くの人の命を若くして奪っていた結核などはその代表格と言えるでしょう。

ポイントなのは感染症の原因となる細菌の成長を抑制することで病気の悪化を防ぐことができる点です。抗生物質は人間の体には害がなく、病原菌を排除するのに役立つ薬剤が使用されるため、非常に効率よく感染症の治療に役立てていくことができるのです。

ただし、人体には害はないといっても服用には注意が必要です。最大の注意点は抗生物質を服用しすぎることでその薬に抵抗することができる「薬剤性耐性菌」という細菌が生み出されてしまうことです。これは細菌が抗生物質の効果に対抗するために自らの遺伝子を変異させるなどして抵抗力を身につけたもので、この耐性菌に感染すると抗生物質を服用しても十分な効果が得られないおそれがあるのです。

現在知られている代表的な薬剤耐性菌は健康な体に存在していても感染症などの害をもたらすことはありませんが、免疫力や体力が落ちている状態になると害をもたらす可能性を持っています。ですから抗生物質はあくまで適切な用量・用法で用いることが大前提となっているのです。

もうひとつ注意したいのがあくまで「細菌による感染症」に対して効果を発揮するものであって、ウイルス性の感染症・病気には効果を発揮しないということです。ですから風邪やインフルエンザにかかったときに抗生物質を服用しても効果は期待できません。服用する際には自分の体調不良が細菌によるものなのか、ウイルスによるものなのかを見極めたうえでの判断が求められるわけです。

日常生活のなかで発症しやすい病気のなかで抗生物質の効果が期待できる感染症としては皮膚炎が挙げられます。基本的には外用薬なので安心して使用することができますし、厄介な皮膚の炎症やアレルギーに対してかなり高い効果を得ることができます。現代人は皮膚の悩みを抱えやすいとも言われており、日常生活で抗生物質を使用する機会がもっとも多いケースと言えます。

それからこれも現代社会で増えていると言われているのが性病関連です。クラミジアやマイコプラズマなどの感染によってもたらされる性感染症には抗生物質がしばしば処方されます。性病は放置しておくと性交渉を通してどんどん他の人に感染させてしまう恐れがあるだけに抗生物質での治療が非常に大きな意味を持っているといえます。

そのほかには急性膀胱炎や急性中耳炎、急性咽頭炎などの病気でも抗生物質が効果を発揮します。

ではどのように服用すればよいのでしょうか?先述したようにあまり安易に服用しすぎると薬剤耐性菌が体内で発生してしまう恐れがあるので抗生物質ごとに指定されている正しい用量を守るのが第一、それから適切な間隔を開けて正しい回数で使用します。内服薬の場合は1日3回、8時間おきに摂取するのが一般的です。ただ厳密に8時間間隔を開けて服用するのは難しい面もありますから、食後30分後を目安に服用する形を取ることが多いようです。

このように有効に活用することでさまざまな感染症の悩みに効果を発揮してくれる抗生物質ですが、個人輸入代行業者で購入することができます。とくによく知られているのが先述した性病の治療に役立つクラビットなどの種類です。そのほかさまざまな感染症の治療に役立つニューキノロン系の抗生物質なども入手可能です。

性病、あるいは尿道炎などの性器にまつわるトラブルはなかなか人に相談できず、恥ずかしいあまり診察を受けるのもためらってしまうものです。そんなときにこうした個人輸入代行業者で入手できれば自分で対策を行っていくことができます。個人輸入代行業者の商品ページでは用量などの商品情報も日本語できちんと書かれていますから、正しい用法をしっかり守って無理なく利用していくこともできます。一人で感染症の悩みを抱えている方はこの選択肢も検討してみましょう。
抗生物質はサプリじゃない!飲み続けるのはNG!その理由とは?
抗生物質とは、細菌の繁殖を抑える作用を持つペニシリンを含んでいます。イギリスの生物学者が1929年に発見したもので、研究を重ねることによって細菌の繁殖を抑えるだけでなく、生物が持つ生理的な機能も抑える作用があることが分かっています。医薬品などで使われている抗生物質の種類は150種類程度ですが、研究の中で発見されたものはずっと多く、数千種類もあります。

抗生物質の働きは、ペニシリンがどのような働きをするかによって3タイプに分類できます。1つ目は、細菌の細胞壁が合成されることを阻害するもの、2つ目は細菌細胞の内側にあるたんぱく質の合成を阻害するもの、そして3つ目は、細菌細胞内のDNAが複製できないように阻害するものです。細菌細胞のどの部分を阻害するかによって上記のタイプに分類できますが、どのタイプでも特定の細菌が増殖しないように阻害するという点においては共通しています。

抗生物質は、細菌が原因で引き起こされる疾患や中毒症状などの症状改善に大きな効果があります。食中毒をはじめ、ニキビのような炎症系の感染症などの多くは、種類は異なりますが細菌によって引き起こされているものです。そうした疾患に対して抗生物質を服用すれば、体内で悪い細菌の増殖が阻害されるため、短期間で症状を劇的に改善することが可能となります。

しかし、細菌は生き物です。抗生物質を短期間服用するだけなら、増殖を阻害されて体内で全滅しますが、必要以上に長い期間、同じ抗生物質を服用し続けてしまうと、細菌が薬剤耐性を持ってしまうというリスクがあります。薬剤耐性というのはつまり、細菌の作用を阻害する抗生物質に対して耐性が作られてしまい、抗生物質が効かなくなってしまうという事です。

抗生物質に対して薬剤耐性を得た細菌として知られているものには、O157があげられます。O157というと食中毒を引き起こす腸管出血性の大腸菌のことですが、家畜である牛に抗生物質を長期間投与した結果、薬剤耐性が作られてしまい、結果としてO157の誕生に至ったのです。

O157は牛の体内で作られた薬剤耐性を持つ細菌ですが、人間の体内でもこうした細菌はたくさんあります。例えば、胃腸炎を引き起こすピロリ菌がそうです。何かのきっかけで私たちが抗生物質を服用すると、腸の中で多くの細菌が死滅します。ターゲットとした悪玉菌はもちろんですが、本来なら腸にとってはプラスの作用を持つ善玉菌もまた、抗生物質によって死滅してしまうものがたくさんあります。腸内細菌が全体的に減少した環境の中で増殖しやすいのが、ピロリ菌なのです。

ピロリ菌は胃腸炎を引き起こす悪玉菌ですが、そのほかにも腸炎を引き起こす原因となるクロストリジウムなどもまた、抗生物質の服用によって増殖しやすくなる細菌です。

抗生物質の種類によって、薬剤耐性を作らない安全な期間は異なります。例えば、腸の不調を解決できるクラビットは、2週間以内の服用なら問題ありません。一方で、ジスロマックは3日以内に抑えておくのが良しとなっています。こうした服用期間はあらかじめ研究の結果安全だとお墨付きが出ている期間なので、この期間以内に抑えれば、とりあえずは薬剤耐性に関しては安心だと言えます。

抗生物質を使用する際には、長期服用によって体内に薬剤耐性ができてしまわないことを十分に理解することが必要です。そして服用する期間はできるだけ短めに抑えるのが良いでしょう。個人輸入サイトなどを利用して抗生物質を購入する際には、薬効成分について自身でリサーチしてみたり、説明書の用量や服用方法などを読んで、何日ぐらいの服用が目安になるのかをチェックすることで、より安全かつ安心な服用が可能となります。

ただし、抗生物質の長期服用が必要な疾患もあります。例えば細菌による感染症が慢性化している場合などは、短期間だけ抗生物質を服用しても、症状が改善されるのはその期間だけとなってしまいます。それに、抗生物質を服用することによって、体内では悪玉菌だけでなく善玉菌も減少してしまうため、体内の免疫機能の低下も心配です。

もしも長期服用をする場合には、目安となる服用期間の後には一度服用を辞めて、体内の善玉菌が増えるのを待つという方法がおすすめです。善玉菌を増やすためには、食生活や生活習慣を工夫するのが得策です。抗生物質を服用したことによって減少したのは、善玉菌だけでなくターゲットとした細菌も例外ではありません。その状態で善玉菌を増やす工夫をすることで、自己免疫機能が悪玉菌の作用を阻害することも期待できるでしょう。

抗生物質の服用は、長すぎても問題がありますが、必要以上に短すぎるのも要注意です。感染症の症状改善のために抗生物質を服用していても、体内の細菌を完全に死滅する前の段階で服用をストップしてしまうと、細菌が再び増殖しやすい環境を作り出してしまう可能性もあります。そのため、長期間の服用はおすすめではないものの、ターゲットとする悪玉菌を完全に撃退できるレベルの日数はきちんと続けて服用することをおすすめします。
クラミジア感染症ってどんな病気?抗生物質を使用した治療方法とは
性感染症の1つとして知られるクラミジアは、数多くの性感染症の中でも最もポピュラーな病気です。クラミジアはクラミジア・トラコマティスという病原菌の感染によって引き起こされる病気で、日本でも感染者数が多い性病です。

クラミジアの感染経路は、セックスやアナルセックス、そしてオーラルセックスなどの性行為です。クラミジア病原菌は感染者の腟分泌液や精液などに存在するので、クラミジアに感染した人の体液に触れることで、感染が拡大していきます。例えば、膣で性交を行えば互いの性器に感染することになりますし、オーラルセックスを行えば相手の咽頭に感染させることとなります。

クラミジアに感染したとしても、多くの場合は無症状で、自分自身が感染していることに気がついていない場合も多いと言われています。実際に、これまで自分がクラミジアに感染していることに気が付かなかった女性が、妊娠時の妊婦検診をきっかけに、感染を知るというケースが多く見受けられます。これは検査をする必要性を感じないほど、全く症状を自覚していないということがよく分かる事例と言えるでしょう。

症状が出る場合は、男性と女性で内容が異なります。男性がクラミジアに感染した際に起こる主な症状は、軽度の尿道の不快感やかゆみ、軽度の排尿時痛、そして精巣上体の腫れなどが挙げられます。女性の場合は、おりものの増加や下腹部痛、そして不正出血や性交時痛などが例として挙げられます。

性病の中でもクラミジアの症状は軽度が多いですが、放置しておくと、より大きな病に変化するリスクも存在します。また、クラミジアをはじめとした性感染症は、HIVに感染するリスクを3~5倍高めると言われています。無症状だからといって放置することは、これらのリスクを高めることになってしまうので、おすすめできません。

では、クラミジアの潜伏期間はどれくらいなのでしょうか。クラミジアの潜伏期間は、1週間から3週間と言われています。潜伏期間とは感染後に症状が出るまでの期間を指しますが、このときすでに体内には病原菌が存在しています。そのため、潜伏期間であってもセックスを行えば、相手に感染させてしまう可能性はあるというわけです。

そんなクラミジアの治療方法は意外にもシンプルで、飲み薬を服用するだけで完治できます。多くの場合には1週間程度、薬を飲み続けるだけで治ると言われています。クラミジアの治療には、ジスロマックという抗生物質がよく用いられます。

ジスロマックとは、クラミジア病原菌などの菌を退治するために用いられる薬の1つです。菌のタンパク質合成を阻害することで、菌を体内から退治する働きをしてくれます。ジスロマックはクラミジア病原菌に対して強い殺菌力を発揮してくれますので、クラミジア感染症の第一治療薬として使用されています。ジスロマックの剤形は錠剤や点滴、そしてドライシロップなどさまざまな種類がありますが、クラミジアの治療には基本的に錠剤、もしくはドライシロップを使用することが多いようです。

ジスロマックの最大の特徴として、その殺菌効果の持続時間が長いという点が挙げられます。先程、「クラミジアの治療には通常1週間程度の期間お薬を服用する必要がある」と言いました。しかし、ジスロマックは1回復用すれば効果が7日から10日程度続くため、1回服用してしまえばそれで治療が完了することもあります。継続してお薬を服用する場合、飲み忘れや周りの視線が気になりますが、ジスロマックはそういったことを懸念せずに使用することができるというわけです。

このように、ジスロマックはクラミジア感染症の治療薬として有名な薬ですが、クラミジア感染症以外の疾患の治療薬としても用いられています。例として、急性気管支炎や肺炎、リンパ節炎などが挙げられます。

高い殺菌効果を発揮するジスロマックは、高い効果が期待できる分、副作用が現れる可能性があります。ジスロマックの副作用で、最も症状として現れやすいとされているのが下痢です。初めて服用した当日に現れやすく、日数の経過とともに症状が和らいでいくとされています。

また、下痢以外に、吐き気や嘔吐などの症状が出ることもあるようです。効果のある薬には、必ず副作用のリスクがついて回ります。過剰に恐れる必要はありませんが、少しでもそうしたリスクを減らすためにも、用法用量は正しく守って服用するようにしましょう。

ジスロマックの入手方法は簡単で、通販サイトで購入することが可能です。注文した後は家に届くのを待つだけなので、誰かにジスロマックを服用していることがバレる心配もありません。性感染症はデリケートな問題であるため、誰かに薬を飲んでいることを知られるのが嫌という方も多いと思います。通販サイトを利用すれば、そうしたリスクを最低限にすることができるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
抗生物質が有効!クラミジアとはどんな病気?
性病のなかでも最も一般的なのが「クラミジア」という病気です。名前ぐらい聞いたことがあるという方は多いでしょう。しかし、どんな病気なのか、どうやって感染するのか、また、治療法などはよく知らないという方も少なくないはずです。性病のことはなかなか他人には聞きづらいことですので、ぜひ正しい知識を持つようにしてください。

クラミジアとは、「クラミジア・トラコマティス」という細菌によって感染する病気です。正式には性器クラミジア感染症と呼ばれます。性病にはさまざまな種類がありますが、厚生労働省によるとクラミジアの報告件数が最も多いとのことです。

報告されている件数だけでも非常に多いのがクラミジアですが、実は、クラミジアにかかっても必ずしも症状を自覚するとは限りません。潜伏期間は一般的に1週間から3週間ですが、それ以降もだいたい半数ぐらいの人には自覚症状がないという病気です。そのため、気づかないうちに感染して、気づかないままに他人を感染させているというケースが少なくありません。

「自覚症状がないほど軽症なら気にしなくてもよいのではないか」と思ってしまいそうですが、油断は禁物です。症状が表れることも大いにありますし、クラミジア自体は軽症でも、もっとリスクの高い病気につながる可能性もあります。なお、男性と女性では症状の出方にも違いがあるので、それぞれどのような症状が考えられるのかもチェックしておきましょう。

男性によくあるクラミジアの症状は、尿道に感じる痛みやかゆみ、また、尿道から出る膿などです。精巣が腫れることや、腫れによる発熱も見られます。症状だけなら淋病と似ている面もありますが、そこまで重症ではありません。ただし、放置してよいわけではなく、細菌が精巣や前立腺にまで達すると精巣上体炎や前立腺炎などの病気につながることもあります。また、男性不妊症のリスクも高くなるので注意が必要です。

女性は子宮頸管を中心に症状が見られます。生理でないのに出血する場合、下腹部に痛みを覚える場合、また、おりものが増えた時などはクラミジアを疑いましょう。なお、男性と比べると、女性の方がより軽症なことが多いです。しかし、女性にとってもやはり放置してよい病気ではありません。卵巣炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などの病気につながるリスクがありますし、不妊症の原因にもなり得ます。

上記のようにクラミジアの症状は性器周辺に見られることが多いですが、それ以外の部位にも感染することがあります。粘膜を介して感染する病気なので、たとえばオーラルセックスにより喉から感染することもあり得るのです。女性の性器から男性の喉に感染することもあれば、逆もあります。

喉から感染するクラミジアのことを咽頭クラミジアと言いますが、性器に感染した時よりも症状は少ないです。大半は無症状で感染していることにも気づかないでしょう。しかし、気づかないうちに慢性的な咽頭炎や扁桃炎になることもあります。

また、粘膜を通じて感染するということは、性器と喉だけでなく、肛門から感染することもあり得ることです。その場合、肛門に痛みや出血、直腸に異変が見られることがあります。

クラミジアは性行為によって感染します。通常のセックスだけでなく、上で見たとおりオーラルセックスやアナルセックスでもクラミジアに感染する可能性は高いです。なお、感染は女性の性器や咽頭などの粘膜から男性の尿道へと移ります。つまり、最初は女性から男性へ感染するということです。

しかし、クラミジアが感染した男性が、感染していない女性と性行為を行うことによって、その女性に感染させることもあります。したがって、夫としか性行為をしていない妻がクラミジアに感染することによって、夫が妻以外の女性と性交渉を持っていたことが発覚したなどということも時折耳にする話です。

性行為以外、たとえば軽いキス程度の接触では、まず感染しないとされています。可能性はゼロではありませんが、ほぼ心配はありません。クラミジアの人と一緒にお風呂に入ったからといって、それで感染することはまずないでしょう。ただし、クラミジアが含まれる体液がついた手で目をこするなどして、目に感染してしまうことは考えられます。

そんなクラミジアですが、どうすれば完治するのでしょうか。残念ながら自然治癒はしないので、放置しておいてはいけません。一般的には抗生物質で治療します。たまに自然に完治したように言う人がいますが、それは別の病気の治療薬として服用した抗生物質の影響でしょう。また、それで完治したのかどうかも不明です。症状がなくなっただけで、体の内部に細菌が潜んでいる可能性があります。

放置しても完治しないのがクラミジアですが、抗生物質を使えば、長くても1週間程度服用すればだいたい完治します。ジスロマックなどが有効です。ジスロマックなどの抗生物質は、今では個人輸入代行サイトを使って個人でも簡単に手に入るようになりました。放置せずに抗生物質で早めに治療しましょう。

カテゴリ一覧

ページトップへ
アイパワー・精神安定剤通販&個人輸入・筋肉増強剤・アナボリックステロイド・抗生物質・ミノキシジル のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。