検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

16件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
寝ている途中におしっこで起きてしまう?それは下半身のむくみが原因かも
多くの女性を悩ますのが下半身のむくみではないでしょうか。女性だけでなく、男性のなかにも一日の終わりに足がむくんでつらいという方は少なくないでしょう。そんな下半身のむくみに悩まされている方のなかには、夜、寝ている間に何度もおしっこで目が覚める方もいます。むくみとおしっこ、一見関係ないようですが、実はこの二つのことは大いに関係しているのです。

夜、寝ている時におしっこで目を覚ました経験は誰もがあるでしょう。床に就く前にトイレに行くのを忘れた時、日中たくさん水分を摂った時など、朝までもたずに夜中におしっこで起きてしまうことは特別おかしいことではありません。むしろふつうのことと言ってよいでしょう。

夜間頻尿に悩んでいる人は意外に多い
一方、毎晩必ずおしっこに起き、朝まで一度も目覚めずに熟睡した経験がないとなると、夜間頻尿を考えなければなりません。日本泌尿器学会によると、夜間に1回以上、おしっこのために起きる夜間頻尿がある人は、40歳以上で約4,500万人にも上るそうです。40歳以上の人口は約7,600万人ですから、2人に1人以上が夜間頻尿の症状を自覚していることになります。

これだけ多くの人が夜間頻尿の症状を有しているとなると、もはや特別なことではないように感じられてしまいます。しかし、そのせいで夜にしっかり熟睡できず、日中に強い眠気を感じるようでは、ぜひとも対処すべき大きな問題と言えるでしょう。

むくみが夜間頻尿の原因になる事も
ここまで夜間頻尿について詳しく述べたのは、その原因の一つに下半身のむくみが考えられるからです。むくみとは体内に余計な水分や老廃物が溜まった状態のことですが、その原因には筋力や血管の収縮力が低下していることが考えられます。簡単に言うと筋肉や血管の力が衰えているということですが、これは加齢と大きく関係しているのです。

寝ている時というのは、仰向けかうつ伏せかにかかわらず横になった姿勢です。起きている間は頭がてっぺんに、足が一番下にあります。この立った姿勢では、重力の影響で体内の水分は下半身に向かって移動しようとします。しかし、筋力や血管の収縮力が強いと、下半身に移動してくる水分を上半身へ押し戻すだけの力があるため、下半身に溜まりっぱなしにはなりません。

加齢により下半身に水分が溜まりやすくなる
ところが、加齢とともにこれらの力が衰えてくると、一日の終わりには下半身に水分が移動してしまい、むくみという症状が表れるわけです。この状態で夜、横になって眠ると、下半身に溜まっている水分はどうなるでしょうか。当然ながら、重力の影響から逃れた水分が上半身の方に移動してきます。上半身に水分が移動するということは、心臓への血流が増えるということですので、体は心臓への負荷を減らそうと心房性ナトリウム利尿ペプチドを分泌します。その結果、寝ているにもかかわらず尿意が催され、途中で覚醒してしまうという仕組みです。

以上の説明で、下半身のむくみと、夜、おしっこで目を覚ます関係がおわかりいただけたでしょう。むくみ、つまり、下半身に溜まった水分が夜間に尿意を催すということは、むくみを解消することでそれを解消することも可能ということです。よって、むくみが解消すれば、朝までぐっすり眠れるようになり、その結果、日中眠気に襲われることもなく、一日中元気に活動できるようになることが期待できます。むくみのつらさも解消されて一石二鳥です。

下半身のむくみを解消する方法
では、どうやって下半身のむくみを解消すればよいのでしょうか。先ほど下半身のむくみと筋力や血管の収縮力の低下が関係していると述べたことからもわかるように、筋力をアップして健康な血管を取り戻せばよいということになります。それには、ジョギングやウォーキングなど足をしっかり動かす運動が最適でしょう。ただ、無理にジョギングする必要はありません。運動習慣がない方がいきなり走るとケガのリスクもありますから、ウォーキングで無理のないレベルから徐々に始めるとよいでしょう。

足を動かすことで下半身の筋力がアップすれば、筋肉や血管の持つポンプ作用がしっかり働くようになり、下半身の水分を重力に逆らって全身に巡らせることができるようになります。日中の運動には、疲れにより夜間ぐっすり眠れるという効果も期待できますから、むくみの解消と合わせて夜間頻尿の解消に効果的です。

むくみ解消に「ラシックス」
夜間頻尿の解消には下半身のむくみの解消が効果的であり、それにはウォーキングなどの運動がおすすめという結論ですが、薬を使ったむくみの解消法もあります。むくみ自体の症状がつらくてすぐにでも改善したい方は、ラシックスという薬も検討してみましょう。これは高血圧などの治療にも用いられる利尿剤の一種で、体の余分な水分や老廃物を排出するのに役立ちます。

ラシックスは一般に市販されている薬ではありませんが、個人輸入代行サイトで購入可能です。個人輸入を代行する通販サイトはいくつもありますが、薬を扱う以上安全性には注意しましょう。それを踏まえると、アイパワーというサイトがおすすめです。安全かつリーズナブルなサイトとして評価が高く、リピーターも多いため、初めての方でも安心して利用できるでしょう。
むくみ改善にオススメの漢方
朝起きた時に、なんとなく顔がむくんでいるなと感じたり、夕方になるとむくみがひどくて足が痛くなってしまうことはありませんか?むくみとは、体内に過剰な水分が溜まってしまう症状で、心臓や腎臓の疾患によって引き起こされる場合があるほか、加齢や食生活などいろいろな原因によって起こります。むくみが気になる時には、症状を軽減できる漢方薬を試してみると良いでしょう。

漢方薬は体質改善を重視した対処療法
漢方薬は、中国を起源とする東洋医学で、日本でも5世紀あたりから発展してきました。漢方医学においては、体内の気や血、また水の流れを整えることによって体質を改善するという考え方に基づいた対処療法を行います。むくみの場合には、むくみをスッキリ取り除くとともに、むくみにくい体質を手に入れることがで可能です。

むくみ改善に役立つ漢方薬
五苓散(ごれいさん)

むくみを改善できる漢方薬にはいろいろな種類があります。どの種類を選ぶかという際には、むくみ以外にどんな悩みがあるのかによって、適切な薬剤を選びます。その中でも、むくみに対してよく用いられるのは、五苓散(ごれいさん)です。この漢方薬は、利尿作用を促すことによって体内の水分量を調整する作用があります。むくみは体内の水分が過剰に溜まってしまうことが原因で起こる症状なので、むくみやすい人にとっては大きな効果が期待できます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
冷え性体質の人のむくみには、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が良いでしょう。冷え性の人は手足が特に冷えやすいという特徴があります。体内が冷えると、基礎代謝が低下して水分が溜まり、むくみやすくなってしまいます。利尿作用がある当帰芍薬散を服用することにより、体内にたまっている水分をスッキリと排出できます。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
ぽっちゃり体型の人のむくみには、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)がおすすめです。肥満気味の人は、運動不足の傾向にあるため体力がなく、疲れやすい傾向にあります。また、汗をかきやすい人も少なくありません。この漢方薬によって、むくみをスッキリ解消するとともに、肥満よる間接の痛みや多汗など不快な症状も軽減できます。

防已黄耆湯(ぼういこうぎとう)
午後になると靴がきつくなったり、足が痛くなってしまうという人は、下半身がむくみやすい傾向にあります。このタイプのむくみには、防已黄耆湯(ぼういこうぎとう)が効果的です。汗をかきにくい人や、水を飲み過ぎて水太りをしている人にとってもおすすめです。この漢方薬が体内の水分をスッキリ排出してくれることで、むくみを解消できます。また、余分な水分を排出することで体重が減るという効果も期待できます。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリュウガン)
顔がむくみやすい人なら、桂枝茯苓丸(ケイシブクリュウガン)が良いでしょう。この漢方薬は血行を促進するとともに利尿作用があり、冷え性が原因のむくみを始め、血行不良によるのぼせ体質なども改善できます。

人参湯(にんじんとう)
むくみの他に、慢性的な下痢で悩んでいる人には、人参湯(にんじんとう)がおすすめです。このタイプの人は、胃などの内臓が冷えていることが多いものです。利尿作用のある人参湯を飲むことで、内臓温度を高め、下痢やむくみを改善できます。

漢方薬は自分の体質にあったものを選ぶことが大切
このように、むくみを解消してくれる漢方薬には、いろいろな種類があります。漢方薬によって効果を得るためには、自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。自分の体質に合ったものを選び、根気よく続けてみてください。飲み始めて数日で大きな効果を得るというよりは、少しずつ体質が改善されることにより、むくみにくくなります。納得できる効果を得るためには、少なくても半年から1年ぐらいは継続するのがおすすめです。もしも1年以上続けても全く効果が見られない場合には、もしかしたらその漢方薬が自分の体質にはあっていなかったのかもしれません。その場合には、もう少し続けて様子を見ても良いですし、別の種類に切り替えるのも良いでしょう。

医療機関で処方されるむくみ改善薬「ラシックス」
漢方薬を服用しながら、もっと確実に科学の力でむくみをスッキリ解消したい人は、利尿作用を持つ医薬品のラシックスを服用するという方法もおすすめです。ラシックスの有効成分はフロセミドで、腎尿細管のナトリウムや塩分が体内に再吸収されるのを阻止し、尿として排出することを促す作用があります。この利尿作用によって体内の水分量を調整できるため、慢性的なむくみや一時的なむくみで悩んでいる人は、むくみにくい体質を手に入れることができます。

ラシックスを購入できる通販サイト
ラシックスは、店舗では市販されていません。そのため、購入するなら個人輸入のサイトを利用するのがおすすめです。アイパワーではラシックスが幅広いラインナップで販売されていて、一般的な40mg入りのものなら、105錠入りのコンパクトサイズを始め、360錠~1,500錠入りまで4サイズから選べます。また、ラシックスのジェネリック医薬品となるFureticも取り扱っていて、こちらも100錠~1,000錠入りまで4サイズがラインナップされています。

むくみが気になる人や、むくみがひどくて困っている人は、ぜひラシックスでむくみをスッキリと解消してはいかがでしょうか?アイパワーなら、注文してから素早く届くだけでなく、商品の品質という面でも安心です。
アロマやツボでむくみ改善。手軽にできるケア方法
むくみには、様々な原因があります。疾患によって引き起こされるむくみもあれば、冷えなどの体質、また食生活やホルモンバランスの乱れが原因となることもあります。むくみがひどくなると、足がパンパンになって靴がキツくなったり履けなくなったり、日常生活に支障が出ることもあります。それに、顔がむくむと気分的にも嫌なものです。そのため、むくみやすい人は、できるだけ日常的にむくみ改善のためのケアをする事をおすすめします。

ツボ押しでむくみを改善
むくみ改善法には、いろいろな方法があります。その中でも気軽にできるのは、ツボ押しです。むくみを改善するには、腎臓の機能を活性化できるツボを刺激するのが効果的です。腎機能が低下すると、尿の出が悪くなり、体内に余分な水分が蓄積してしまいます。それが、むくみという症状を引き起こします。ツボ押しで腎臓機能を活性化すると、利尿が促進されるので、体内の水分が蓄積されにくくなり、むくみにくい体質へと近づけます。

むくみ防止にオススメのツボ
湧泉(ゆうせん)
むくみ防止におすすめのツボには、湧泉(ゆうせん)があります。足の裏の土踏まずより少し指側にあるツボで、土踏まずの凹みから上がった部分に、への字を描いた谷の部分にあります。むくみ解消効果がある他、疲労回復や精力増強効果なども期待できます。

内踝(ないか)
内側のくるぶし部分にある内踝(ないか)は、利尿作用を持つツボで、むくみにも効果があります。これは内くるぶしから指1本分だけ下に下がった部分にあり、骨と骨の隙間に位置しています。また、内くるぶし部分とアキレス腱の間の凹んだ部分にある太谿(たいけい)は、腎機能を全般的に活性化してくれるツボです。

利尿作用を促進するツボは、足首から足の裏にかけて広い範囲に散在しています。立っている状態ではツボ押しはしづらい位置ですが、お風呂に入った時やテレビを見ている時など座った状態の時に、この辺りをツボ押しマッサージしてあげましょう。利尿を促進してむくみにくい体質を手に入れることができます。

ツボ押しを習慣化しよう
ツボは、指で軽く押した時に、鈍い痛みを感じる部分です。むくみがひどい人ほど感じる痛みは強いことが多いのですが、ツボ押しによって少しずつ腎機能が改善され、痛みも少なくなってきます。痛みを感じなくても、ツボを刺激することによって利尿作用を促進できますし、むくみにくい体質に近づけるので、毎日続けることをおすすめします。普段からむくみ防止対策法としてツボ押しを習慣化すると良いでしょう。

ツボ押しの際には、あまり力を入れ過ぎないように注意しましょう。強すぎる力でツボを押すと、内出血のようなアザになってしまう可能性があります。力をそれほど入れなくても、ツボを刺激することによって効果を得られるので、安心してください。大切なのは、毎日続けることです。

アロマでむくみ改善
むくみ改善方法には、アロマセラピーという方法もあります。アロマセラピーとはヨーロッパでは民間療法として確立されているもので、主に嗅覚を刺激することによって健康効果を得ることができます。むくみ改善に効果が期待できるアロマオイルはいくつかの種類があり、バラに似たフローラルな香りが魅力のゼラニウムを始め、フレッシュな香りで全身がスッキリできるレモン、また、癒し効果や利尿効果が期待できるサイプレスなどがおすすめです。

アロマオイルでマッサージ
むくみを改善するためにアロマオイルを使う場合には、ディフューザーなどで香りを楽しむほか、マッサージオイルとして使う方法もおすすめです。マッサージオイルとして使う際には、お風呂に入って体を温めた上で、アロマオイルを手に取って、足首や足の裏を中心にツボ押しマッサージすると良いでしょう。アロマオイルの効果と、ツボ押しの効果によって、効率的にむくみを改善できます。

効果的なアロママッサージをするポイントは、アロマオイルを手のひらでしっかりと温めてから、足首や足の裏全体にオイルを伸ばしてマッサージをするという点です。手のひらで温めることによって、オイルが柔らかくなり、少量でも肌に伸びやすくなります。

アロマオイルを使ったマッサージを行う際の注意点は、アレルギーに注意するという点です。オイルの原料の植物に対してアレルギーを持っていると、アロマオイルを使った時に肌が赤くなったり痒くなったりというアレルギー反応が出るリスクがあります。むくみ改善効果が期待できるアロマオイルにはたくさんの種類があるので、もしも肌に合わないなと感じたら、別の種類を試しましょう。

慢性的なむくみ改善にはラシックス
より効率的かつ効果的なむくみ改善をしたい人は、ツボ押しやアロマなどの方法でむくみを改善しながら、ラシックスなどの医薬品を使うという方法もおすすめです。ラシックスは利尿作用を持つ医薬品で、ドラッグストアなどでは購入することはできません。購入には、アイパワーのような個人輸入ネットショップがおすすめです。むくみがひどくてつらい人や、慢性的にむくみやすい人なら、ラシックスを利用することで大きな効果が期待できるでしょう。

ラシックスには体全体のむくみを取る作用があり、毎日服用することによって、むくみ知らずの体質を手に入れることができます。アイパワーなら、海外からの個人輸入となりますが、信頼できる高い品質のラシックスがラインナップされているので安心です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
精神安定剤通販&個人輸入・アイパワー のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。