検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

32件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
筋トレでカッコイイ身体を作る方法!筋肉増強剤の助けを借りればより効果的
筋トレでは、腹筋と背筋をバランス良く鍛えることが大切です。しかし、頭では分かっていても、どうしても腹筋に重点を置きがちです。その理由は、腹筋は自分の目で成果が確認できますが、背筋は確認がしにくいからで、見えない部分は後回しになってしまうのです。

腹筋は、体を縮めるときに使う「屈筋」という筋肉です。これも対して、背筋は体を伸ばす筋肉である「伸筋」と言えます。人の体は構造的に屈筋が強いため、背筋よりも腹筋の力が強くなりやすいのです。また、背筋は年齢を重ねるほどに衰えていきます。意識的に背筋を鍛えないと、体のゆがみの原因になります。

複数あるお腹の筋肉で、代表的なのが「腹直筋」です。お腹の正面を走る長い筋肉で、体を曲げたり、姿勢を維持して体を安定させたりするときに使われるほか、内臓を守る役割も担っています。

腹筋を鍛えるとシックスパックと呼ばれる体形になるのも、この腹直筋です。ただし、シックスパックは腹筋を鍛えることによって作られるわけではありません。もともと腹直筋には、中央を縦に走る「白線」と、横に走る「腱画」という繊維があり、これらが筋肉を6つや8つなどに分けています。普通、これらの繊維は皮下脂肪に隠れていますが、腹直筋を鍛えると筋肉の質量が増え、皮下脂肪が薄くなります。繊維の分かれ目がくっきりと浮かび上がり、シックスパックの体形になるのです。

一方、背筋の代表的な筋肉は「広背筋」です。背中から腰や腕へと広がる、大きな質量を持つ筋肉です。肩甲骨を動かす働きをしており、腕を動かす、腕を引き寄せる、上半身を後ろに曲げるなどの動作に深く関わっています。ボート漕ぎや水泳、ロッククライミングなどのスポーツでも、重要な働きを担っています。

腹筋と背筋をバランス良く鍛えることで、主に4つの効果が期待できます。

1つ目は、姿勢が美しくなり、前から見ても後ろから見てもカッコイイ体型になることです。腹筋は、前にかがもうとする筋肉ですから、背筋が弱いと、前かがみの力に引っ張られて、背中が丸くなります。腹筋と背筋を同時に鍛えることで、安定した姿勢が得られるのです。

また、両方の筋肉をバランス良く鍛えることで体全体が引き締まり、シェイプアップ効果も期待できます。腹筋を鍛えるとシックスパックが実現し、引き締まった体が手に入ります。そして、背筋を鍛えると逆三角形の上半身が作られるので、後ろ姿も美しくなるのです。

逆三角形を目差して、腕や肩の筋肉を鍛える人が多いのですが、効果的なのは広背筋を鍛えることです。この筋肉を鍛えることで腰がシェイプアップされ、上半身の筋肉に厚みが生まれます。水泳選手が美しい逆三角形の体型をしているのも、広背筋が鍛えられているからと言えるでしょう。

2つ目は、腰痛の予防効果があることです。腹筋が強く背筋が弱いと、骨盤が後ろに傾きます。逆に、腹筋が弱く背筋が強いと、骨盤が前に傾きます。これによって、姿勢が悪くなるだけでなく、骨盤に負担がかかりますから、腰痛になりやすいのです。骨盤が前に傾く「反り腰」と呼ばれる状態は、腰痛の要因と言われています。逆に、骨盤が後ろに傾くと猫背になりやすく、こちらも骨盤が歪みます。その結果、腰痛や膝の痛みを招く原因にもなるのです。

3つ目は、基礎代謝が上昇することです。基礎代謝とは、体を動かしていなくても消費するエネルギーのことです。人は眠っているときでも、内臓を動かしたり、体温を維持したりと、さまざまな活動を行っています。じっとしていても、エネルギーは消費されるのです。このようなエネルギーを、基礎代謝と言います。

基礎代謝を高めるには、筋肉を鍛えることです。お腹と背中の筋肉は、他の場所と比べて質量が大きいのが特徴です。大きな筋肉を鍛えることで、効率的に基礎代謝を高めることができます。基礎代謝が高くなることは、すなわち消費エネルギーが多くなることにつながり、太りにくい体質になります。理想の体型を維持するためにも、腹筋と背筋を鍛えることは有効なのです。

4つ目は、筋トレの効果がアップすることです。腹筋と背筋のバランスが整うと、姿勢が正しくなります。その結果、筋肉がきちんと働いて収縮量が大きくなり、トレーニングの効果が高まります。

このように、背筋と腹筋を鍛えることで姿勢が美しくなり、痩せやすい体質になるため、見た目のカッコ良さがアップします。背中は自分では見えませんが、周囲からはしっかりと見られています。背中が曲がっていたり、貧相だったりすると、後ろ姿は残念なものになってしまうでしょう。背筋も意識して鍛えましょう。

筋肉を効果的に鍛えるためには、トレーニングに加えて、筋肉増強剤を使うのがおすすめです。筋トレだけではなかなか効果が実感できず、モチベーションも下がりがちになります。そんな方は、信頼の筋肉増強剤「アナボリックステロイド」を試すのも一つの方法です。
マッチョになりたいなら禁煙するべし!でももしやめられないのなら
バルクアップしてマッチョになりたいと思って筋トレに日夜励んでいる人のなかにも、ひょっとしたら喫煙家の人がいるかもしれません。改めて言うべきことでもありませんが、タバコは健康にとって害しかありません。筋トレにも悪い影響を与えます。タバコを吸っている人は可能な限り禁煙に努めましょう。

では、タバコは具体的にどう悪いのでしょうか。まず、タバコによって酸素を取り込む力が低下します。タバコの煙に含まれる成分には、体内で炎症を起こしたり細胞を破壊したりするものがあるからです。酸素を十分に取り込めなくなると激しい運動が難しくなるのは当然ですし、果ては日常の呼吸も難しくなり、酸素吸入器に頼らざるを得ない生活が待っています。

また、筋力を直接低下させる作用もタバコにはあります。タバコに含まれていることで知られるニコチンという成分は、脳や神経に作用して興奮状態を作る成分です。それだけなら集中力アップに良さそうと思うかもしれませんが、タバコを吸い続けると、体がニコチンの刺激に慣れてしまいます。

その結果、脳や神経が興奮しなくなり、いざという時に筋力が発揮できなくなるのです。筋力と同時に瞬発力も低下させます。そのため、アスリートの多くはタバコを吸いません。また、昔は吸っていたという選手の多くも今は禁煙しています。

しかし、いまだにタバコを吸うスポーツ選手もいることはいます。にもかかわらず、優秀な成績を修めている選手もいますので、タバコを吸ったぐらいで大きな悪影響はなさそうと思いたくなるのも仕方ないでしょう。

しかし、上記のようにタバコが体に悪影響を及ぼすのは事実です。タバコを吸っていても活躍しているアスリートは確かにいますが、もしその選手がタバコを吸わなかったら今よりさらに優秀な成績を修めている可能性が高いのではないでしょうか。

ここまで見たように、タバコによって酸素を取り入れる能力が下がるのは、少なくとも有酸素運動には良くありません。筋力や瞬発力を低下させることを考えると、筋トレにも良くはないでしょう。喫煙者がマッチョになれないわけではありませんが、健康面を無視したとして、効率が悪くなるのは避けられません。したがって、やはりなるべく禁煙を考えるべきではないでしょうか。

しかし、いざ禁煙しようと思ってすぐにできるのなら、誰しも苦労しないのも事実です。多くの喫煙者がこれまで禁煙にチャレンジしながら挫折した経験を持っています。では、どうやって禁煙を成功させることができるのでしょうか。

まず、自分一人でやめようとしないことです。心のなかで一人「禁煙するぞ!」と思ったとしても、自分一人の力だけではなかなかやめられません。吸ったからといって咎める人がいなければ、またすぐに喫煙者へと元通りです。家族や友人、同僚などに禁煙することを思い切って宣言しましょう。人に言った手前、吸いたくなっても我慢せざるを得なくなります。

また、なぜ禁煙したいのかその理由を明確にしておくことです。そもそも理由がなければ禁煙しようにもやる気が起こりません。「健康のため」という漠然としたイメージだけでは不十分です。自分の望む結果を得るために「何が何でも禁煙を成功させなければならないんだ」という強い理由を探してください。

ここでは禁煙した方がマッチョになるための効率が良いという観点からお伝えしていますが、それならそれをはっきり具体的にイメージし、その結果、なりたい未来の自分の理想像を明確に描いてみましょう。頭のなかで思っているだけでは不十分なら、禁煙する理由や禁煙して達成したい目標を詳細に紙に書いておくのも一つの手です。

どんなに強い決意で禁煙を始めても、確実に吸いたくなる時は訪れます。その時に簡単にタバコを吸ってしまわないために、タバコの代用品となるものをあらかじめ探しておきましょう。

タバコには依存成分があるので、長年喫煙していた人が突然やめると、強烈にタバコが吸いたくなる時期が来ます。それでも我慢すると、だるくなったり頭が痛くなったりと身体的な不調が表れてくるのでさらに厄介です。これを離脱症状というのですが、これはずっと続くわけではありません。禁煙後、1週間程度過ぎれば治まってきますので、それまで何とか耐え抜くためにもタバコの代用品を用意しておくことをおすすめします。「タバコが吸いたくなったらこれをやる」というものを決めておけば、それで気が紛れて離脱症状にも処しやすくなるはずです。

ここまでやってもなお禁煙できないという場合は、最低限以下のことを守ってください。それは、筋トレの直後には絶対にタバコを吸わないことです。筋トレ直後は筋肉の修復のための大切な時間帯なので、プロテインなどの栄養を摂取することに注力しましょう。タバコを吸うと栄養の吸収を妨げるので、バルクアップしたいのであれば少なくともこの時間帯だけは絶対NGです。

筋トレと禁煙を長期間両立できる自信がない場合は、筋肉増強剤でトレーニング期間を短縮するという手もあります。海外製の筋肉増強剤も個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に入手できるでしょう。
筋トレが逆効果になりかねないNG行為
筋トレには、筋肉をつける以外にも、代謝を上げたり睡眠の質を向上させたりなど多くのメリットがあります。そのため最近では若い女性から高齢の方まで幅広い層の人たちがトレーニングに励んでいます。しかし、しっかりとした知識なしに筋トレを始めることは危険です。中には完全に逆効果になる間違った方法で筋トレをしている人も少なくありません。

1番ありがちな間違いが、毎日欠かさずトレーニングをする、ということです。勤勉な人が多い日本では、「毎日コツコツ」ということが良いこととされています。しかし筋トレに関していうと、毎日コツコツは逆効果になります。その理由は超回復という現象にあります。超回復というのは、筋トレによって負荷がかかり壊れた筋肉が、再生する過程のことです。この過程で筋肉は強く大きくなるのです。この超回復の期間は、筋肉は再生に集中する必要があります。それを無視してさらに筋肉に負荷をかけてしまうと、超回復する暇を与えてもらえず、筋肉は増えず、強くもならないのです。せっかくの筋トレも時間と体力の無駄になってしまいます。トレーニングは毎日行うのではなく、週2から週3回くらいにとどめておくのが理想です。

筋トレして汗をかいた後は、シャワーを浴びてビールを飲みたくなります。しかしこれもNG です。筋トレ後は、筋合成とよばれる筋肉をくっつける作用が始まり、この過程で筋肉の量が増えます。この筋合成を行うのがエムトールと呼ばれる酵素なのですが、アルコールはこのエムトールの動きを抑制してしまうのです。つまりアルコールが筋肉をつくるプロセスを邪魔しているということです。筋合成は2時間ほど続くので、筋トレからしばらくはアルコールを控えましょう。

自己流で筋トレを行う人の中には、誤ったフォームでトレーニングを続けてしまっている人もいます。これは効果が減りますし危険です。体のそれぞれの筋肉を鍛えるためには、その筋肉に正しい方法で正しい量の負荷をかけなければなりません。そしてその方法はプロによって研究・確立されています。その方法を無視し、自分の感覚だけを頼りに体に負荷をかけ続けてしまうと、効果が低くなるどころか、最悪の場合体を痛めてしまいます。また、筋トレの世界は日々進化しています。昔正しかったフォームが、今もまだ正しいとは限りません。うさぎ跳びがいい例です。昔は定番のトレーニングでしたが、うさぎ跳びは膝や腰に大きな負担になるうえに、そこまでの筋力アップは期待できません。筋トレをする際は必ず正しい最新の情報をもとに行うように心がけましょう。

筋トレ後の食事を軽視する人はとても多いです。筋トレ後にNGな食事は結構あります。まず、プロテイン代わりに肉ばかり食べる人がいます。肉自体は良いのですが、肉だけというのはNGです。というのも、トレーニングの効果を上げるには、タンパク質の吸収を助ける炭水化物の摂取が必須だからです。炭水化物と聞くと、肥満のもとと言われる米やパスタを思い浮かべがちですが、実はフルーツにも炭水化物が含まれています。例えばバナナやリンゴ、マンゴー、レーズンなどは炭水化物を多く含んでいるフルーツで、なおかつカロリーも少ないので、トレーニング後の炭水化物摂取に最適です。筋トレ後はバランスの取れた食事を心がけるとよいでしょう。またタンパク質を摂取できるからと言って、から揚げなどの揚げ物を食べるのはNGです。油などの脂肪分の多い食べ物は消化にエネルギーが必要になるので、筋トレ後の疲れた体に余計な負荷をかけてしまいます。魚や鶏むね肉などの良質なタンパク質を取るようにしましょう。

自分の身体の許容範囲を超えた筋トレも、ありがちなNG 行為です。特に筋トレを始めたばかりだと、意気込んで自分の限度を超えたトレーニングメニューを作ってしまいがちです。その他にも、早く理想の身体を手に入れたい、夏までに肉体改造を間に合わせたいという焦りから、トレーニングメニューを詰め込んでしまうのも珍しいことではありません。しかし体が慣れていないうちからの過密トレーニングのために体を壊してしまい、しばらくの休養が必要になってトレーニングができなくなったら本末転倒です。また過度なトレーニングは、免疫力の低下や慢性的な倦怠感、不眠症など長期的に健康に害を及ぼすこともわかっており、最悪の場合死に至るケースもあります。ペース配分にはくれぐれも気を付け、無理のないメニューで筋トレを行いましょう。

効率良く筋肉をつけたいのなら筋肉増強剤の使用も考えてみましょう。筋肉増強剤の中には、健康に害を及ぼすものも確かにありますが、筋トレサポートサプリのようにただ自然に筋肉ができるのをサポートするものもあります。実際にアスリートの間で使われているものもあるほどです。筋肉増強剤を使うことで、体に無理のない、健康的な量のトレーニングで、早く筋肉が出来上がります。
アナボリックステロイドサイクル中の食生活とトレーニング法
アナボリックステロイドはあくまで「筋肉がつきやすい状態」を作るための薬です。それを服用するだけで筋肉増強ができるわけではありません。より効果的に筋肉をつけるためにはアナボリックステロイドと合わせた食事管理とトレーニングが重要となります。

まず食事について考えてみましょう。ステロイド剤を使用しながら効率的に筋肉を増強するために重要となってくるのは、総摂取カロリーではなくPFCバランス(マクロ栄養素摂取バランス)です。トレーニングと合わせ、PFCバランスを考えた食事を摂ることでステロイドの効果を最大限発揮できるようにしましょう。

「PFCバランス」とは「Protein(タンパク質)」、「Fat(脂質)」、そして「Carbohydrate(炭水化物)」、これらマクロ栄養素の摂取バランスを意味します。PFCバランスを考えながら食事を摂らないと、筋肉増強のスピードは大幅ダウンすることになってします。ステロイドサイクル中はPFCバランスを6:2:2とすることが理想とされています。

栄養素の必要摂取量は身長や体質によって違ってきます。重要なのはPFCバランスを考えながら摂取することです。筋力増強が上手くいかない人は、食事をたくさん食べていながら意外に必要カロリーを摂取していなかったり、PFCバランスの悪い食事をしていることがよくあります。栄養素の必要な摂取量を数値化してグラム単位で管理することが有効です。

まず、メインのエネルギー源となる炭水化物です。炭水化物の不足はパワー不足につながり、トレーニングの質の低下を招きます。炭水化物にはタンパク質を全身に行きわたらせる役割もあるので、しっかり摂取しましょう。炭水化物の1日の摂取量は300gから400g以上が目安です。多少の脂肪がつくことを気にしないのであれば、摂れるだけ摂りましょう。

タンパク質は筋肉の材料として必要不可欠な栄養素です。一般的には「体重×1.5~2.0倍」がタンパク質の必要量とされますが、筋肉増強のためのステロイドサイクルではそれでは不足します。より効果的に筋肉増強するために、最低でも「体重×2~3倍」は摂取したいところです。1日120g~200gが目安です。摂れる人は300g程度まではOKですが、それ以上の摂取は肝臓に負担がかかるのでやめておきましょう。

脂質もタンパク質同様に筋肉の材料となる栄養素です。いろいろなものに含まれており、摂取は比較的容易ですが、お菓子などに含まれる脂質は身体に残留しやすく脂肪に変化してしまうのでよくありません。魚類や良質の油などからの摂取を心掛けることが大切です。脂質の1日の摂取目安は50g~70g程度となります。

次にステロイドサイクル中のトレーニングについてです。

ステロイドサイクル中の筋トレは、通常の筋トレとやり方が違ってきます。通常筋トレは週に3回か4回手程度が上限で、それ以上行うことはオーバーワークになって帰って筋肉増強を遅らせてしまいますが、アナボリックステロイドのサイクル中は、筋肉は通常時を大幅に超える回復力と筋肥大化のスピードを得ますので、週5回から6回までのトレーニングが行えます。

週単位のトレーニングメニューは通常と同様鍛える部位ごとに分けて行うローテーション方式でOKです。部位ごとにトレーニングすることによって毎日違った部位を最大限に追い詰めることができるので、非常に効率的にトレーニングすることができます。1回のトレーニングにかける時間はあまり長くてもだらけてしまい、モチベーションの低下にもつながるので1時間程度に抑えるのが結果的には効率よくトレーニングできます。

通常、筋トレは有酸素運動と組み合わせて行うのが基本ですが、ステロイドサイクル中のトレーニングではすべてのメニューを高負荷ウェイトトレーニングで固めても問題ありません。下手に有酸素運動を組み込むよりもよほど脂肪燃焼効果が高いとも言えます。脂肪がつくことをあくまで恐れるというのであれば、「HIIT(High Intensity Interval Training:高強度インターバルトレーニング)」を摂り入れると良いでしょう。HIIT脂肪燃焼効果と筋肥大効果を両方最大限に取り入れることのできる効率の良いトレーニング方法です。

筋トレを行う場合は全身まんべんなく鍛えることを心掛けましょう。お腹の見栄えばかり気にして腹筋だけ鍛えようとする人も多いですが、一部の筋肉を鍛えるだけでは全身バランスが悪くなります。また、特定の部位だけしか鍛えないでいると、筋肉の付き方が均等でなくなり、ケガをしやすい身体になる恐れもあります。全身くまなく鍛えることがとても大切です。

アナボリックステロイドを購入するには、自分で海外から輸入するか、個人の輸入代行サイトを利用するか、2つの方法がありますが、自分で直接海外のショップから輸入するのは、手続きのトラブルや詐欺など、多くのリスクがありお勧めできません。個人輸入代行サイトであれば、税金や法的問題もクリアした形でアナボリックステロイドを通常の通販サイトを利用するのと同じ感覚で購入できますのでお勧めです。
筋トレで汗をかくことはいいことなのか?
筋トレをある程度の時間続けていると、汗をかくでしょう。これは生理現象として当たり前のことです。運動をするとエネルギーの代謝効率がアップして、体温が上がります。しかし体温が上がったままで放置していると、熱中症などのリスクが高まります。そこで人間汗をかくわけです。気化熱の要領で、汗をかいて蒸発するときに体の表面の熱を奪うことで体温を下げるわけです。汗をかくことで、体温を一定の範囲に保つ効果が期待できます。

筋トレで汗をかくことにはメリットがあります。実は汗をかくことで間接的な筋トレ効果を引き上げるといわれているからです。まず言われているのが、ウォームアップ効果です。汗をかくくらい運動すれば、体がそれだけ温まっている証拠です。筋肉は温まったほうが柔軟になります。関節の可動域も広まりますので、肉離れなどのトレーニング中のけがを予防できます。

また体を動かすことで中枢神経が刺激されます。すると動きが必要な時にすぐに反応できますし、心拍数や呼吸数の急激な上昇を抑制できます。心肺機能の負担も軽減できるといわれています。

筋トレで汗をかくと、ATPという物質が活発に生成されます。ATPとは生命維持のために必要なエネルギー源で、ATPが分解されることでエネルギーが生成され、こちらを使って筋肉は収縮します。つまり筋トレで汗をかき、ATPの生成が活性化されると最大パワーを発揮しやすくなるわけです。トレーニング効率を高め、筋トレの効果もさらにアップするわけです。

筋トレなどで頻繁に汗をかく習慣をつけることは、塩分の体内保持がうまくなるという話もあります。汗は99%の水分と1%の塩分などのほかの物質で構成されているといいます。しかし塩分は細胞内外や血中の水分量を調整する重要な役割があります。ですから少しでも失われると体に深刻な影響を及ぼしかねません。塩分が不足した場合、筋力の低下を招き、こむら返りなどを発症しやすくなります。しかし筋トレをして頻繁に汗をかく習慣をつければ、体が塩分の保持能力がアップするそうです。ですから汗で塩分を失われることも少なくなります。暑さの中で8~14日程度継続してトレーニングすると、体の塩分保持率が改善するといいます。もし夏場の運動や歩き回って汗をかき、服に白い粉が表れるのであれば、塩分が出ている証拠です。筋トレなど運動をして、汗をかく習慣をつけるのがおすすめです。

汗をかくことで、肝臓のコンディションを整えるという話もあります。筋トレや有酸素運動などを一定時間行って、汗をかきやすい体質にしておけば、肝臓をダメージから守る効果が期待できるそうです。不要物の排出を促進できます。特にお酒をよく飲む人は筋トレや有酸素運動をして、汗をかく習慣をつけましょう。一方でお酒を飲みすぎて二日酔いのような状態で筋トレをして汗をかくとデトックス効果があり、アルコールが抜けるという話も時折聞かれます。こちらについてはあまり効果はありません。1回トレーニングしただけで排出される老廃物は少ないので、デトックス効果はありません。

ただし汗をかいたのであれば、速やかに水分補給することを心がけてください。水分補給しないと筋トレによる筋肉増強効果が半減してしまいます。私たちの筋肉は65%程度が水分によって構成されているといわれています。もし筋トレをしても水分補給しなければ、筋肥大効果が小さくなってしまいます。

また筋肉がトレーニングによって増強されるのは、超回復といって筋肉の修復が行われるからです。筋トレで汗をかいても水分補給をしないと、この筋肉の修復ペースが遅くなります。筋肉を修復するためにはその原料であるタンパク質が必須です。しかし汗をかいて体温が上がるとタンパク質の合成がしにくくなります。ですから筋トレをした後にはできるだけ早くたんぱく質のほかにも糖質、ビタミンB群、水分をしっかり補給する必要があります。

筋肉をしっかりつけたければ、筋トレをしてしっかり汗のかける体質を作るのがおすすめです。しかし中には仕事などの都合で、なかなか筋トレする機会を作れないという人もいるでしょう。その場合には筋肉増強剤を使って、筋肉をつけるのも一つの方法です。アナボリックステロイドなどの筋肉増強剤を使用すれば、少ない筋トレの機会の中で効率的に筋肉を大きくできます。1回の筋トレで効率的に筋肉を増強したければ、筋肉増強剤を使用するのも選択肢の一つです。

筋肉増強剤は通販サイトで注文することも可能です。ネットで注文して、自宅に商品が届いたら受け取るだけです。仕事が忙しくて、日中お店に足を運べない人でも思い立ったときにすぐに買い物できます。筋肉増強剤を通販サイトで購入するのであれば、業歴が長く、多くの人々が利用しているサイトを選ぶのがおすすめです。初めて筋肉増強剤を購入する際には、アナボリックステロイドのマニュアルがついている商品を購入するといいでしょう。服用の正しい方法が記載されていれば、安心して服用できるはずです。
筋肉をつけたければぐっすり眠れ!睡眠で筋肉が増えるメカニズムとは?
効果的に筋肉をつけるためには、運動、食事、睡眠の3つが大切。その中でも注目したいのが、睡眠と筋肉増強の関係です。

体は常に変化しています。筋肉も同様で、合成と分解が行われています。私たちは食事などによって、外部から栄養を摂取しています。そして筋肉の材料は、主にたんぱく質です。摂取したたんぱく質は、体内で分解されてアミノ酸に変化します。アミノ酸が血液によって体の各所に送られ、筋肉を作り出しているのです。これを「タンパク同化作用」といいます。

しかし、栄養が足りなくなると、体は飢餓状態に陥り、たんぱく質を分解してエネルギーに変えます。つまり筋肉を食べてしまうのです。筋肉が分解されるこの状態は「タンパク異化作用」と呼ばれています。

エネルギーが不足すると、タンパク異化作用が起こるので、栄養不足には十分に気をつけなければいけません。ダイエットで、食事制限をする方も多いでしょう。また、筋トレだけでなく、有酸素運動をダイエットプログラムに加えている方もいると思います。食事制限は栄養不足を招きやすいので、適切なメニューを選びましょう。また、過度の有酸素運動によってエネルギー消費が高まった場合も、栄養不足に陥りやすくなります。

このように、筋肉増大には栄養が欠かせないのですが、さらにホルモンの働きも見逃せません。筋肉を作り、増大させるホルモンは主に、テストステロン、成長ホルモン、そしてインスリンです。これらのホルモンは、「アナボリックホルモン」や「タンパク質同化ホルモン」などと呼ばれています。

逆に筋肉を分解してしまうのが、グルココルチコイド。コルチゾールやコルチゾンがその代表選手です。このような筋肉を分解するホルモンは「カタボリックホルモン」と呼ばれています。

グルココルチコイドはお腹がすいているときや、ストレスを感じたときに分泌量が増えるのが特徴です。仕事などで日々ストレスにさらされていると、グルココルチコイドの分泌が増えて筋肉が分解され、筋肉量の低下を招きやすくなります。また、空腹時の筋トレも、心身に強いストレスがかかります。空腹時のトレーニングは、カタボリックホルモンを活性化させるので逆効果と覚えておきましょう。

では、どうすればアナボリックホルモンを活性化できるのでしょうか。最も効果的なのが、睡眠です。アナボリックホルモンは睡眠後およそ30分~1時間後から、分泌が活発化します。ぐっすりと眠ることで、アナボリックホルモンがしっかりと分泌されるのです。筋肉を大きくするためには、最低でも6時間以上、ぐっすりと眠ることです。

良質な睡眠は、筋肥大(バルクアップ)に不可欠な「超回復」も、もたらしてくれます。筋肉は負荷を掛けたときに筋線維が壊れ、休息時に修復されます。そして修復された筋肉は、成長し大きくなるのが特徴です。日中は、筋トレ後も歩いたり、座ったりなどの日常動作を続けますから、筋肉はなかなか休息できません。完全に休息できるのは、睡眠時なのです。充分な睡眠を取らないと、筋肉の傷が修復されません。がんばって筋トレを行っても、バルクアップされず、逆に筋肉が衰えてしまうのです。これでは何のために、しんどい思いをしているのかわかりません。

また、良質な睡眠は、筋肉を分解するストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌量を低下させる働きもあります。

このように筋肉増大のためには、ホルモンの働きを理解し、睡眠の重要性を認識することが大切です。そして筋肉を成長させるアナボリックホルモンの中でも、特に筋肉増強に大きくかかわるのが、テストステロンです。いわゆる男性ホルモンであり、男らしさを作るホルモンといえるでしょう。

男性的な魅力を高めるためには、テストステロンの分泌を活性化させることが大切です。効果的なのは睡眠ですが、それ以外でも分泌量を高めることが可能です。

まず、筋トレを行うこと。筋肉と男性ホルモンは密接な関係があるので、男性ホルモンが活性化すると、筋肉が増えます。逆に筋肉が増えると、男性ホルモンの分泌量も増えるのです。

そして、日光に当たるのも有効です。長時間の日光浴は紫外線の悪影響が心配ですが、研究によると毎日15~20分程度日の光を浴びると、テストステロンの分泌量が約20%増えると報告されています。

特に重要なのが、朝の太陽光を浴びることです。朝日を浴びると体内時計がリセットされ、セロトニンが分泌されます。セロトニンは、別名「幸せホルモン」。気持ちが前向きになり、幸福感が高まるホルモンです。そして、セロトニンの分泌後、十数時間経過すると、眠りを誘うホルモン「メラトニン」が分泌されます。これによって、夜ぐっすりと眠れるのです。良質な睡眠が得られますから、睡眠時にアナボリックホルモンが大量に分泌され、筋肉増強効果が高まります。このような好循環をもたらしてくれるので、朝の光を浴びることはとても重要です。

なかなか朝早く起きられないという方は、筋肉増強剤を活用するのも有効な方法です。アナボリックステロイドは、アナボリックホルモンの活性化を助けてくれる筋肉増強剤です。筋トレを頑張っても、体質的にマッチョになりにくい方もいるでしょう。そんなときは、アナボリックステロイドを試してみてはいかがでしょうか。
【逆効果になることも?!】やってはいけない筋トレ
筋トレをしている人の多くは早く効率的に筋肉を鍛えたいと考えていると思いますが、ただ筋トレを続ければよいというわけではありません。やり方を間違えると効率が非常に低下し、最悪の場合、筋肉が逆に落ちてしまうことになるので、注意が必要です。「やってはいけない筋トレ」とは、どのようなトレーニングでしょうか?

ダイエットを兼ねて筋トレをしている人の中には、空腹状態でトレーニングをしている場合もあるかもしれません。空腹でトレーニングを行うことは非効率であるだけでなく、危険でもあります。

空腹状態というのは、身体のエネルギーが欠乏している状態でもあります。エネルギー不測の状態でトレーニングをしても、集中できずにパフォーマンス低下を招きます。集中力の低下はケアレスミスによるケガの原因につながる可能性もあり、危険です。また、通常はトレーニングを行うと、体内にある糖質からエネルギーを消費することになりますが、空腹でエネルギーか欠乏した状態で筋トレを行うと、消費エネルギーを補うため、他の筋肉からエネルギーを消費することになり、結果的に筋肉量の低下を招く恐れがあります。短期間に急いで痩せたい場合のみ、空腹時の筋トレもOKですが、あくまで限定的と認識しておく必要があります。

それでは、満腹状態でトレーニングを行えばよいのかと言えば、実はそれもおすすめできません。人間は満腹状態になると副交感神経が働き、身体がリラックス状態になります。この状態でのトレーニングも、空腹時同様、パフォーマンスが低下し、効率的ではありません。さらに、本来消化活動で使用されるエネルギーが筋トレに回ってしまうため、消化不良の原因となる場合もあります。

筋トレ後に栄養補給しないことも、筋トレの効果を落とす原因となります。筋トレを行うと、身体には傷んだ筋肉を修復するため、多くのタンパク質が必要となります。タンパク質をしっかり補給することで、筋肉の修復に必要な栄養素が十分満たされ、結果として筋肉量の増加につながります。これが「超回復」と呼ばれる現象です。

プロテインの摂取は筋トレ後30分以内が良いとされるのは、同じ理由によるものです。筋トレを行った後にはタンパク質を中心に、ビタミン・ミネラルもバランスよく摂取することで、トレーニングの効果を高めることができます。プロテインにはいろいろな栄養素が配合されており、髪の毛や肌、爪の健康を維持するためにもおすすめします。アルコールは筋肉の修復を阻害しますので、トレーニング後に飲むのは控えた方が良いでしょう。

筋トレを行うことで筋肉量が増すのは、筋トレによって傷んだ筋肉が回復することによるわけですが、超回復が行われるのにかかる時間は筋肉によって差があり、ふくらはぎの下腿三頭筋や腹筋などは1日で超回復する一方、広背筋や大腿四頭筋などは3日の時間を要します。つまり、一度トレーニングを行った部位に筋肉が付くには、それだけの時間を要するということです。このため、毎日同じ部位のトレーニングを行うと超回復の効率が低下し、筋肉が付きにくくなってしまいます。せっかくトレーニングするのだからと毎日同じトレーニングをしていては、かえって逆効果になってしまうわけです。回復中の筋肉は、十分休ませることが重要です。

筋肉の回復を計る目安となるのは筋肉痛です。筋肉痛が残っている間は、その部位のトレーニングは避けた方が良いでしょう。ストレッチを行い、十分睡眠をとる、タンパク質を摂取するといった方法で筋肉の回復を早めることができるので、心掛けましょう。

筋トレと併せて、ジョギング・ウォーキングなどの有酸素運動を行っている人も多いかと思いますが、行う順序に気を付ける必要があります。有酸素運動を先に行い、続けて筋トレすると、筋肉量増強に必要な成長ホルモンの分泌が起こらなくなってしまいます。さらに、ホルモン分泌のバランスが崩れると脂肪の分解を阻害することから、有酸素運動後の筋トレはデメリットが非常に大きいと言えます。ジョギングやランニングは筋肉中のエネルギーを消費してしまうので、その後で筋トレを行うと、本来の効果を十分得られないことにもなるのです。疲労状態の身体でトレーニングすることになるので、集中力の低下も起こります。有酸素運動を筋トレと併せて行うのであれば、必ず筋トレの後に行いましょう。

筋肉の超回復には、睡眠も重要です。睡眠の質が低いと傷ついた筋肉繊維の回復力が低下し、せっかくの筋トレ効果も低くなってしまいます。良質な睡眠をとることで疲労回復効果も得られ、筋トレの継続もしやすい状態になります。夜更かしを避けて、十分睡眠をとるよう心がけましょう。

より筋トレの効果を高めたいのであれば、筋力増強剤やアナボリックステロイドを使ってみるのも良いでしょう。購入には、ネットの個人輸入代行サイトを利用すると便利です。
筋トレ初心者が身につけておきたい基本の考え方
マッチョ体型を目指してバルクアップしたいのか、それとも、ダイエットのために余計な脂肪を落としたいのか、その目的によって筋トレのやり方は変わります。たとえば、ダイエット目的なら、ウェイトトレーニングだけでなく有酸素運動も不可欠でしょう。一方、バルクアップに有酸素運動は不要とまでは言わないものの、その重要性はかなり低くなります。

こういうことはトレーニングを始める前に知っておくべき基本事項ですが、筋トレ初心者にとっては「最初から教えてよ」というようなことが多いものです。そこで、我流のやり方で非効率に鍛えるのではなく、最初から効率よく各自の目的に合わせてトレーニングするために、筋トレ初心者が身につけておきたい考え方をお伝えします。

バルクアップであれダイエットであれ、筋トレのメニューでは、まず大きな筋肉から鍛えるようにします。大きな筋肉のことをまとめて「大筋群」と言いますが、最初は大筋群をメインにトレーニングして、後から小さな筋肉群に移ることが筋トレの基本なのです。

大筋群とは、体の中でも特に大きな筋肉のことですが、筋肉は大きいほど発揮可能な力も大きいです。ただし、大筋群のトレーニングでも、小さい筋肉もサポート的に動員されていることに注意しましょう。大きな筋肉に意識を向けていても、その筋肉を支える小さな筋肉群も力を発揮してその働きをサポートしています。そのため、最初に小さい筋肉のトレーニングをしてしまうと、後で大筋群のトレーニングをする際に、サポート役の小さな筋肉がすでに疲弊してしまっており、本来のパワーが発揮できません。

そのため、どんなメニューを組むとしても、最初は大筋群から始め、残りの体力で小さな筋肉のトレーニングへと移るようにしましょう。たとえば、胸と腕の筋肉を鍛える場合、最初は胸から始めます。胸の筋肉を働かせる際には、腕の筋肉も使うことになりますので、最初に腕を鍛えると、胸のトレーニングでしっかり力が発揮できなくなってしまうのです。

筋トレのメニューには、アイソレーションという一つの関節のみを動かす種目と、コンパウンドという同時に複数の関節を動かす種目があります。これにも順番がありますので注意してください。最初にコンパウンド、後でアイソレーションという流れです。こうすることで、高負荷の重量で複数の筋肉を鍛えてから、低い負荷で小さい筋肉を鍛えることができます。

筋トレ初心者が悩むポイントに、マシンを使うかどうかがあります。マシンを使ってもフリーウェイトで鍛えてもどちらにもメリットはありますが、マシンを使うにはジムなどに行かなければなりませんし、フリーウェイトでは怪我のリスクがあることなどデメリットにも注意です。

可能ならば最初はマシンで鍛えるのがよいでしょう。マシンであればウェイトの軌道が固定されているので、初心者でも正しいフォームでトレーニングしやすいです。フリーウェイトの場合、フォームが崩れやすいため、間違ったやり方で非効率的なトレーニングに陥る危険があります。ただ、フリーウェイトも正しいフォームで行えるようになれば、マシンではしっかり鍛えられない筋肉にも刺激を加えることが可能です。マシンでフォームを身につけ、慣れてくればフリーウェイトを併用するのがよいのではないでしょうか。

次に気をつけておきたいのが、筋トレの時間です。いろいろ考えてメニューを組んでいくと、すべてをこなすのに長い時間がかかってしまうことがあります。しかし、筋トレはあまり長時間続けるものではありません。というのも、長時間筋肉に負荷をかけ続けると、コルチゾールという筋肉の分解を促進するホルモンが分泌されてしまうからです。

筋トレはやればやるほど効果が高まるのではなく、やりすぎるほど逆効果になってしまいます。では、どのぐらいの時間がベストかというと、1つの筋肉につき10分です。つまり、1回で3種目やるなら、トレーニング時間は30分になります。もっとたくさんの種目を組み合わせてもよいですが、それでも最長90分に留めましょう。それ以上になると、疲労が激しくなるだけでなく、トレーニングのモチベーションまで下がってしまう危険があります。

筋トレを始めてしばらく経ち、慣れてきたころで考えたいのが、これまでと違った刺激の与え方です。最初のうちは、どこをどんなふうに鍛えても筋肉はそれなりに成長してくれるでしょう。しかし、筋肉がある程度成長してしまうと、それ以上成長させるのには工夫が必要です。いつも同じトレーニングでは、筋肉がその負荷に慣れてしまって、それ以上成長する必要性を失ってしまいます。

筋肉を大きく成長させたいのであれば、筋肉にその必要性を自覚させることが重要です。そのためには、筋肉が成長してきたらこれまでとは異なる刺激を与えるようにしましょう。
筋肉増強剤を使えば憧れの身体が手に入る
理想の身体作りのため、日々トレーニングに励む人は少なくありません。しかし、努力してもなかなか筋肉が付きにくい、憧れるイメージになかなか近づけないと悩むことはしばしばです。特に、筋肉の浮き出たマッチョな身体を目指す人の場合にはトレーニングもよりハードにこなしていく必要があります。そんな時に、便利に利用できるのが筋肉増強剤です。筋肉増強剤はアナボリックステロイドとも呼ばれる薬で、ホルモンに作用し、タンパク質の合成量を増やして、筋肉をより効率よく増強してくれます。短期間でより効率よく筋肉を育てたい、トレーニングだけではなかなか得ることが難しい肥大した筋肉を手に入れたいといった場合には、筋肉増強剤を上手く活用していくと良いでしょう。

数ある筋肉増強剤の中でも、近年注目を集めているのがメダナボルです。メダナボルは世界で最も知られている筋肉増強剤であるダイアナボルのジェネリック医薬品で、服用することで筋肉増強効果が10倍増するとされています。世界中のアスリートやボディビルダーにも愛されている筋肉増強剤なので、有名なものから試してみたいという人には非常におすすめです。普通のトレーニングでは得ることが難しいとされるほどの強い筋肉を育て上げることも可能ですから、より立派な筋肉を作り上げるため、大いに役立ってくれるでしょう。

メダナボルはタンパク質を同化させる作用を促進する働きを持ち、さらにテストステロンホルモンと同じ働きを持つことから、タンパク質が筋肉へ育つために最大のアプローチを発揮してくれます。人間の身体には筋肉が過剰に増えないよう調節するミオスタチンという物質があります。メダナボルはこのミオスタチンの働きまでも抑えてくれるので、ダブルの効果で筋肉をたくましく増強してくれるのです。本気で肉体強化をしたい人にはこれ以上ない効果を期待できる薬と言えます。

また、メダナボルはダイエットにも効果的といったメリットがあります。人の身体で最も高い熱量を持つのは骨格筋で、筋繊維を太くすればそのぶん自然に消費されるカロリーも増えていきます。メダナボルは筋肉を最大限まで増強する手助けをしてくれるアナボリックステロイドですから、筋肉を育てていくと同時に、自然と消費カロリーもアップします。付加価値として、ダイエット効果も得られるというわけです。

さらに、メダナボルでタンパク質の合成を促して筋肉を増強していけば、怪我ややけどによる体力消耗の改善効果、骨髄機能を高めて赤血球を増やす働きなどもプラスで得ていくことが可能です。貧血に悩む人の改善にも繋がっていきますから、ありがたいでしょう。カルシウムの排出を防ぎ、骨がもろくなるのを予防するといった効果もあり、筋肉増強はもちろん、健康面で得られるものは非常に大きいです。

ボディービルダーのような限界まで鍛えた筋肉では無く、自然で見栄えの良い筋肉を育てたいという人におすすめなのがアナドリンです。体内でタンパク質の合成を促しながらも、性ホルモンを直接摂取するのでは無いため、アナドリンにはアナボリックステロイドにありがちな強い副作用がありません。

もともと寝たきりで運動ができない状態の人の筋肉減少を食い止めるために開発された薬であることから、タンパク質の合成量もそこまで強くなく、トレーニングと組み合わせて利用しても、ボディビルダーのような肥大した筋肉となることはありません。適度な筋肉量を得るために適した筋肉増強剤であることから、女の人におすすめのアナボリックステロイドと言えます。強い効果を発揮する筋肉増強剤は同じくらい副作用が強いものが多いですが、アナドリンは効果、副作用ともにマイルドなので、より安心して利用できるものを選びたい人には満足な選択となるでしょう。

筋肉を育てるためのお供にはよくプロテイン剤が選ばれますが、飲み続けてみたけどあまり効果がわからない、筋肉が育った実感が無く、飲むのをやめてしまったということをよく聞きます。筋肉は地道なトレーニングを続け、時間をかけて育てていく必要があるものの、やはりその効果がなかなか現れないと、途中で挫折してしまいがちです。ある程度即効性を発揮してくれるものをトレーニングのお供とすることが大切になります。

アナボリックステロイドは利用し続けることで着実に効果を実感できますから、本気かつ短時間で理想の筋肉を得たい人にはうってつけと言えるでしょう。こうなりたいと思う理想の身体が明確にあれば、適した筋肉増強効果を持つアナボリックステロイドをトレーニングとセットで利用していくのが一番の近道です。賢く活用していきましょう。筋肉が付きにくい体質の人でも、アナボリックステロイドの力を借りれば見違えるほど立派な筋肉を手に入れられます。筋肉増強剤は、ホルモンを補充するタイプであれば気分の落ち込みや性的な機能の低下にも効果を発揮してくれます。こういった悩みに合わせて適切なものを選ぶのも良いでしょう。
最短でマッチョボディになるための方法とは?
マッチョボディになりたいという人はたくさんいます。しかし、一朝一夕でモテモテのマッチョボディを手に入れることは難しいものです。マッチョなボディを作るためには、やはり筋トレをしながら筋肉を大きくたくましく成長させなければいけません。強い信念をもって根気よく筋トレを続けられる人なら、設定した目標を達成できるまで頑張れるでしょう。しかし多くの場合、確証がないままに気が遠くなるほどの筋トレを続けることは、苦痛でしかありません。短期間なら筋トレを頑張れるという人、マッチョボディを最短で手に入れたいという人は、具体的に何をするのがベストなのでしょうか?

私達の体には、たくさんの大小さまざまな筋肉がついています。できるだけ短期間で見た目を改善するためには、筋肉の面積が大きく、他人から気づいてもらいやすい筋肉を取捨選択してトレーニングするのが得策です。

具体的には、上半身なら大胸筋や二の腕の筋肉を中心にトレーニングするのが良いでしょう。美しく割れたシックスパックも魅力的ですが、服を脱がなければわかりません。最短という期間にこだわるなら、まずはシャツを着ていても胸板の厚さが分かる大胸筋、ワイシャツの袖をまくった時に他人にさりげなくアピールできる腕の筋肉を鍛えたいものです。

このどちらの筋肉も鍛えられるのが、腕立て伏せです。自宅に居ながらでも簡単にできる腕立て伏せですが、ただ回数をこなせば良いというわけではありません。マッチョなボディを作るためには、できるだけ負荷を大きくすることが必要不可欠です。普段あまり運動をしない人なら、床に手をついて自分の体重を負荷とした腕立て伏せから始めても、効果を実感することはできるでしょう。効果が出てきたら、少しずつ負荷を大きくしながら回数を減らし、筋肉が回復する時間も設けてマッチョなボディ作りに取り組みましょう。

下半身の筋トレには、スクワットがおすすめです。スクワットは、下半身の中で最も大きな大腿二頭筋を鍛えることができます。パンツをはいていても他人が気づいてくれるほどたくましい太ももへと近づけるだけでなく、お尻のラインを引き締めることもでき、セクシーな腰のラインを作ることができるでしょう。

スクワットも腕立て伏せと同じで、マッチョなボディ作りのためには大きな負荷をかけて少ない回数でトレーニングすることをおすすめします。自重トレーニングでもある程度鍛えることは可能ですが、限界を感じたらジムに行ってトレーニングマシンを使うのが得策です。

こうしたトレーニングをしても、体質によってはなかなか筋肉が大きく成長してくれないことはあります。頑張っているのに、理想的なマッチョにならないという人はいるものです。その場合には、筋肉増強剤を使うという方法もアリです。筋肉増強剤は一言でいうなら「筋肉へ与える栄養促進剤」のような存在で、体質や年齢に関係なく筋肉を大きく強くすることができます。最短でマッチョになりたい人以外にも、年齢のためにトレーニングしても筋量が増えない人など、たくさんの人にとって筋肉増強剤は大きなメリットが期待できます。

筋肉増強剤には、たくさんの種類があります。どれもアナボリックステロイドと呼ばれていますが、筋肉を大きくすることに特化したものもあれば、ダイエットや減量の効果が高いものもあります。最短でマッチョなボディになりたい人なら、アナボリックステロイドの中でもメダナボル系やオキシポロン系を選ぶのがおすすめです。これらのタイプを使用しながら筋トレをすれば。最短1ヶ月程度でも満足度の高いマッチョボディへと仕上がる可能性が期待できます。

メダナボルとオキシポロンとで、どちらが筋肉増量作用が大きいのかというと、オキシポロンの方が大きな効果が期待できます。ただし、副作用が強く出やすいため、初めての人なら副作用が少ないメダナボル系を選ぶのが安心かもしれません。世界的にはシルベスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーなどのマッチョ系セレブも愛用していたもので、筋肉をマッチョにしてくれるだけでなく、薄毛や脱毛なども同時にケアできるという魅力があります。

こうした筋肉増強剤を購入するなら、たくさんの充実したラインナップから選べる海外個人輸入代行サイトがおすすめです。日本人が多く利用している海外個人輸入代行サイトなら安心ですし、注文方法や支払い方法まで分かりやすく使いやすいというメリットも期待できます。例えばインドを拠点に医薬品の正規輸出業者として認可されているアイパワーなら、高品質の筋肉増強剤をリーズナブルに購入できます。

こうした海外個人輸入代行サイトは、ネットで簡単に注文できるという点が魅力です。発送は海外からとなりますが、アイパワーなら注文してから発送までにかかる期間が短く、追跡できる航空便で発送してもらうことができます。日本からの注文でも、商品が到着するまでにかかる期間は約2週間程度と短いので、利用しやすい個人輸入代行サイトと言えるでしょう。
筋トレ後のアルコールはNG?お酒の飲み方について紹介
筋トレをして汗をしっかり流したら一杯飲みたい、と思っている人も多いでしょう。しかしせっかく筋トレをやったのなら、お酒は控えたほうがいいです。というのも筋トレの効果がアルコールによって軽減してしまう恐れがあるからです。

実はアルコールが筋肉にもたらす影響は結構大きいです。まずアルコールを摂取すると、筋肉が分解されてしまう恐れがあります。お酒を飲むとコルチゾールというホルモンが体内で増加してしまいます。このコルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれるもので、筋肉を分解する作用があるといいます。ですから筋トレをしても思うように筋力アップできない恐れがあるわけです。

またアルコールを摂取すると、テストステロンのホルモン分泌が鈍くなってしまうのもおすすめできない理由の一つです。テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋力増強の働きがあるといわれているホルモンです。テストステロンの分泌が低下することで、筋肉が増えなくなってしまいます。さらに筋肉の原料となるのがタンパク質です。しかしお酒を飲むと体内にあるタンパク質がアルコールの分解に回されてしまいます。筋肉に回す量が減少してしまい、筋トレの効果が出にくくなってしまいます。

のどが渇いたときにビールをグーッと飲むと、のどが潤った感覚になるでしょう。しかし実際には全くの逆です。アルコールを摂取すると利尿作用によってどんどん水分が外に出てしまいます。つまり脱水症状になってしまいます。脱水は人間にとって良くないですが、筋肉も例外ではありません。筋肉には水分が多く含まれています。脱水状態になると筋肉内の水分も失われてしまいます。すると栄養分がうまく筋肉に供給できなくなります。

お酒を飲んで酔っ払うと眠たくなって、すぐに眠ってしまうという印象を持っていませんか?確かにアルコールには入眠しやすくする効果はあります。しかし睡眠の質は悪くなるといわれています。アセトアルデヒドというアルコールに含まれる成分があるのですが、これが私たちの睡眠サイクルを狂わせてしまうと考えられています。眠りが浅くなると筋トレ時の疲労がなかなか取れなくなります。筋肉を休めることができず、強化が難しくなるわけです。

筋トレをして脂質や糖質を減らして筋肉のカットを見せたいと思っていませんか?もしそうであれば、お酒を飲むのは極力控えたほうがいいでしょう。というのもお酒には糖質が結構含まれているからです。特にビールや日本酒には糖質が多く含まれているといわれているため、注意したほうがいいでしょう。またお酒を飲むと食欲が増進します。居酒屋のメニューをみると揚げ物など脂質やカロリー高めのものが多いです。するとせっかく筋トレしても、なかなかぜい肉を絞れないといったジレンマに陥る可能性もあるわけです。

このように筋トレの効果を出したければ、トレーニングの後の一杯は避けるほうがいいわけです。でも「どうしてもお酒を飲みたい」「お酒が飲めないとストレスが溜まる」という人もいるでしょう。その場合にはお酒の飲み方を工夫して、筋トレの効果を低下させないように努めましょう。

まず何を飲むかについて考えましょう。まずNGなのは糖質の多く含まれているお酒です。糖質多めのお酒を飲むと血糖値が一気に上昇してしまいます。すると血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。そして糖分を吸収して体脂肪として蓄えようとします。つまり糖質多めのお酒を飲んでインスリンが活発に分泌されると、体脂肪が増えてしまうというわけです。

では何を飲めばいいかというと、おすすめは蒸留酒です。蒸留酒は糖質があまり含まれていません。よって血糖値もなだらかにしか上がりません。インスリンも分泌されにくいですから、体脂肪が増えるリスクも低減できます。具体的には焼酎やウィスキーなどがおすすめです。ただ蒸留酒を飲んでもジュースなどで割ってしまうと、こちらに糖分が多く含まれているのであまり意味がありません。水や炭酸水、お茶などで割りましょう。また日本酒やビール、ワインは糖質が多く含まれているのでなるべく飲むのは避けましょう。

また飲むタイミングも大事です。筋トレから一定時間置いてからお酒を飲むように心がけましょう。筋トレ直後は筋肉の合成が最も活発になるタイミングだからです。その時にお酒を飲んでしまうと、せっかくの筋トレ効果が半減してしまいます。また筋トレ直後はアルコールの吸収スピードが通常よりも早くなるといわれています。ですから脱水症状などが起こりやすく危険です。

筋トレ以外にも筋力アップするために、筋肉増強剤を活用するのも一つの方法です。筋肉増強剤は今では、通販サイトから手軽に注文できるようになりました。アイパワーというサイトでは多種多様な筋肉増強剤を取り扱っています。興味のある人は、アイパワーの公式サイトに一度アクセスしてみませんか?
負荷・休養・栄養!筋トレ初心者が押さえておくべきポイント
たくましい体を夢見て筋トレを始めたものの、初心者の方の場合、わからないことばかりではないでしょうか。何をどうやればよいのかわからず、やみくもにダンベルを持ち上げるだけでは、理想とする肉体を手に入れることは難しいです。そこで、初心者のために「特にこれだけ押さえておくように!」というポイントを絞ってお伝えします。

まず、筋トレをする時の意識です。たとえばダンベルを持ち上げるとして、その時に何を考えて持ち上げているでしょうか。「特に何も考えていない」という方は考えを改めてください。筋トレをやる時は、「今どの筋肉を鍛えているのか」をしっかり意識する必要があります。気のせいや精神論ではなく、どこの筋肉を何のために鍛えるかを意識してトレーニングを行う方が、期待する効果も確かに出やすいのです。

次に、初心者が迷いがちな筋トレの負荷と回数です。負荷というとダンベルなどの重さのことと思うかも知れませんが、それだけにとどまりません。たとえ同じ重量のウェイトでも、上げるスピードや回数、休憩時間を変えると負荷も変わります。筋力アップに適切な負荷は数回持ち上げると限界がくるぐらいですが、初心者のうちは15~20回で限界に達するぐらいでよいでしょう。

もう一つ、とても重要なことが休養です。筋トレとは、筋肉の繊維に負荷をかけて、その一部を壊す行為です。筋肉を壊すというと物騒に聞こえますが、いったん壊れた筋肉はちゃんと回復するので安心してください。

壊れては回復するというサイクルは、筋肉だけでなく体のあちこちで日常的に繰り返されています。たとえば骨折がそうです。骨が折れても永久に折れたままではなく、しばらくすると以前よりも強い骨となって元に戻ります。筋肉についても同じことで、負荷がかかって筋線維が破断されても、体の自己治癒力によってしばらくするとより強い筋肉となって生まれ変わるのです。

この筋肉をいったん壊し、修復してより強くなる過程のことを「超回復」と呼びます。筋トレに興味のある方なら聞いたことのある言葉ではないでしょうか。超回復とは筋肉の破壊と修復のサイクルのことです。

ここで注意したいのが、筋肉が修復されるには休養をしっかり取らなければならないことです。破断された筋線維が元に戻るには48時間から72時間ぐらいかかるとされています。筋トレ初心者の方のなかには、毎日でもトレーニングしようという気合い十分な方もいるかもしれませんが、毎日筋トレするのはよろしくないのです。

毎日筋トレするということは、毎日筋肉に負荷をかけて筋線維を破断させているということです。先ほど述べたように修復には48時間以上かかるわけですから、毎日負荷をかけ続けていると、修復する暇がありません。おまけに、修復する前のまだ傷ついている状態の筋肉にさらに負荷をかけて傷付けることになりますので、やればやるほど逆効果になってしまいます。

超回復の時間は人によっても違いますし、負荷や筋肉の部位によっても変わってきます。したがって、48~72時間、つまり丸2~3日は休養するのが目安になりますが、少なくとも筋肉痛が残っている間はトレーニングを控えた方がよいでしょう。

なお、超回復の期間はただ休養するだけでは十分ではありません。筋肉の修復には栄養も必要です。しっかり休養するとともに、筋肉に必要な栄養をしっかり取りましょう。

筋肉に必要な栄養素というとたんぱく質です。そもそも人体の構成する第2位の成分がたんぱく質ですから、筋肉の生成にも必要とされます。超回復時の栄養はたんぱく質を重視して取りましょう。

初心者の方の場合、筋トレの時間帯も気になるのではないでしょうか。朝やるのか昼やるのか、それとも夜やるのか、仕事の都合などもありますので自由にならない場合もありますが、おすすめは夕方以降です。

確かに朝一で筋トレをすると気持ちはよさそうです。しかし、起きてすぐはまだ神経がしっかり働いていません。脳もまだ眠い状態ですので、高い運動能力を発揮しなければならない筋トレのような運動には向いていないのです。

その点、夕方以降なら体も脳も温まり十分に目覚めている状態ですから、筋トレに向いています。昼より夕方なのは、成長ホルモンの分泌されるタイミングを考えてのことです。

トレーニング後すぐに成長ホルモンは分泌され始めますが、それがピークを迎えるのは寝て30分から1時間たったぐらいです。筋肉を大きく発達させるには、成長ホルモンがしっかり分泌しているタイミングに合わせたいので、昼よりも夕方の筋トレをおすすめしました。

先ほど超回復のところで説明したように、筋トレには栄養がとても大切です。なかでもたんぱく質が大切とお伝えしましたが、初心者のうちは栄養バランスの良い食事を毎食しっかり食べつつ、お好みでプロテインを活用すればよいでしょう。

しかし、さらに大きくバルクアップしたい方は、さらなる栄養補給を考えましょう。それに利用されているのが筋肉増強剤やアナボリックステロイドです。通販サイト「アイパワー」にて購入可能ですので検討されてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

ページトップへ
アイパワー・精神安定剤通販&個人輸入・筋肉増強剤・アナボリックステロイド・抗生物質・ミノキシジル のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。