検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

6件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
ピラセタムを使う前に知っておきたい効能と注意点
近年、脳機能を向上させる効果で注目される「スマートドラッグ」、その中でも最もメジャーな薬が「ピラセタム」です。ピラセタムには様々な効能がある反面、使用に際しては注意すべき点もあります。使う前にピラセタムがどのような薬か、確認しておきましょう。

スマートドラッグ(smart drug)は、人間の脳機能やその能力向上や認知機能や記憶力を高める効果が期待できる薬品などの総称です。20世紀以降、脳の認知機能を研究する脳科学が急速に進歩し、脳機能に関係している栄養素に関する研究と薬の開発が活発に行われるようになりました。その結果として多くのスマートドラッグが開発されています。

スマートドラッグの元祖と言われているのが、1960年代に開発された「ピラセタム」です。ピラセタムは現在でも最も使用されるスマートドラッグとされています。もともとは脳梗塞による失語症や認知機能減退、認知症などの治療に用いられる薬品でしたが、記憶力や集中力向上の効果が知られるようになり、学生やビジネスマンに愛用されることの多い薬となっています。IT産業のメッカとも言われる米国シリコンバレーでも多くのプログラマーやエンジニアの愛好家がいると言われています。

ピラセタムは脳神経の信号を受け取り伝達を行うたんぱく質の1種で、いくつかの効能があることが知られています。ピラセタムは脳細胞の酸素とブドウ糖の代謝を向上させることで集中力をアップさせる効果があります。また、大脳半球の右脳と左脳をつないでいる脳梁に作用し、情報交換の活性化を促します。学習能力や記憶力を向上させるほか、脳内血管に血栓が生じることを防ぎ、アルツハイマー型認知症や血管性認知症の予防にも効果があります。

ピラセタムはネットの個人輸入代行サイトから購入することが可能です。個人輸入代行サイトで取り扱われているピラセタムには主に800mgと1200mgのものがあります。基本的な服用方法は1日に2~3回までですが、薬に慣れてくるまでは1日1錠から始めて、様子を見ながら服用量を増やしていくといいでしょう。服用の様子によっては錠剤をカットし、半錠ずつの服用から慣れていく方法もありです。

ピラセタムを服用するのに好ましいタイミングは食後とされています。「食後」とは食事をしてから30分以内に服用することを意味します。1日の服用の最大許容量は9g前後とされているので、この許容量を超えない用、毎食後服用するのがベターです。目安として800mg錠の場合を使用する場合は、1回3錠で1日3回服用すると、1日の摂取量は7.2gとなります。

ピラセタムは副作用が報告例も少なく比較的安心して使用できるスマートドラッグとして知られていますが、少数の事例としてふらつきやめまい、不安感の他、胃痛や腹痛、頭痛などの症状が現れるという報告もありますので、一応注意しておくべきでしょう。また、ごく稀にですが継続して服用している場合、急激に減量したり接種を中断するとけいれん発作が起こるという報告もあります。継続的な服用を中断したい場合は、徐々に量を減らしていくと良いでしょう。この他、稀に白内障の症状が現れることもあります。

また特定の病気や症状を持つ人が使用できない場合があるので注意する必要があります。まずピラセタムには血小板凝固阻害作用があるため、止血剤を使用している人や手術の予定のある人は使用を控えた方がいいでしょう。ピラセタムは腎臓から排出されるため、腎臓機能障害の患者や高齢者の患者が使用する場合は用法用量を考え、適正な投与量に調整する必要があります。

解説したピラセタムの副作用は報告例も少数で、相対的に見た場合、大きなリスクのある薬ではないことは確かです。ただし、100%安全と言うわけではありませんから、可能性のひとつとして危険性を把握しておきましょう。特に腎障害などに該当する方はもう一度よく服用を検討した方が良いでしょう。

ピラセタムは一般的な医薬品店では取り扱われていませんので、入手したい場合は海外から輸入しかありません。海外医薬品を国内から購入しようとする場合、自分で直接海外から購入し輸入する方法と、輸入代行業者を利用するという2つの方法があります。

自分で直接購入しようとする場合、輸入元となる相手と直接取引をしなければいけません。また商品の保証を確認する手段もないので、実際に手元に到着するまで安心することができません。誰かの紹介を得たなど、輸入元の相手と何らかの関係が事前にできていればともかく、独自のルートで相手を探し出したような場合は偽造品や詐欺にあうなどリスクがあることを承知しておく必要があります。

海外からのピラセタム購入には個人輸入代行業者のサイトを利用する方が確実で安全です。代行業者なら配送ルートやサポート体制が確立しており、税関や輸入に関しても法律に違反しないよう輸入代行してくれるので、国内の普通の通販サイトで商品を購入するように気軽にピラセタムを購入することができます。
脳のアンチエイジングに良い食べ物・飲み物・ピラセタム
アンチエイジングというと見た目のイメージが強く、美容に関心のない方にとっては自分とは関係ないことと思っているのではないでしょうか。しかし、老化予防と考えれば、美容関係のことだけでなく、脳の認知機能にとっても重要なことは理解できるでしょう。

そんな脳のアンチエイジングの方法として注目されているのが、脳の認知機能を高める食べ物です。年配の方は認知症の予防になりますし、若い方でも将来の認知症予防、ならびに、脳の働きをアップします。脳の機能を維持したい、高めたいと願うなら、以下に挙げる食べ物は年齢に関係なく積極的に食生活に取り入れましょう。

脳の認知機能に良い食べ物として筆頭に挙げられるのが青魚です。特にサバ、イワシ、サケ、ニシンなどの魚がよいでしょう。これらの魚の脂身にはオメガ3脂肪酸という成分が含まれています。脂身というとあまり健康に良さそうなイメージではありませんが、オメガ3脂肪酸を含む青魚の脂は別です。高い抗炎症効果が認められており、感情や記憶を司る脳の機能にも良い影響をもたらすことがわかっています。

また、オメガ3脂肪酸のEPAには、血管を拡張する作用があります。上記の魚はEPAも豊富なので積極的に食べましょう。EPAは直接脳に作用するわけではありませんが、血管が拡張すると血流が改善されるため生活習慣病の予防になるとともに、脳に流れ込む血流もアップするので脳機能の向上にも間接的に役立ちます。

青魚の脂身の次は、調理に使う油にも注目です。食用油にもいろんな種類がありますが、選ぶならオリーブオイルにしましょう。オリーブオイルにも高い抗炎症効果があります。脳の健康にも抗炎症効果は重要ですので、なるべく品質の良いオリーブオイルを選んでください。

逆に、避けたい脂肪分として飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を含むものが挙げられます。魚以外の動物性由来の油(ラードなど)、マーガリン、お菓子に使われるショートニングなどに注意です。これらを過剰に摂取すると、悪玉コレステロールが血中で激増し、血管の柔軟性が失われ動脈硬化のもとになってしまいます。こうなるといつ脳梗塞が起こってもおかしくないですから、脳の機能にとっても避けるべき脂肪分であることがわかるでしょう。

脳の機能に良い食べ物に戻りますが、同じく高い抗酸化作用が期待できるブルーベリーやブラックベリーなどのベリー類がおすすめです。認知症予防にとって高い効果が認められている果物なので、日ごろからデザートとして食べるとよいでしょう。なお、イチゴもストロベリーですので同じような効果が期待できます。

野菜では葉物野菜が特におすすめです。ホウレンソウ、ケール、菜の花、小松菜などには食物繊維がたっぷり含まれているので健康寿命を維持するのにも役立ちます。また、これらの野菜にも高い抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれているため、葉物野菜を毎日しっかり食べることで認知症予防にもつながるでしょう。

果物では先ほど挙げたベリー類のほかに、オレンジやキウイといった葉酸が豊富な果物がおすすめです。葉酸が足りなくなると、ホモシステインという悪玉アミノ酸が体内で増えてしまいます。動脈硬化やアルツハイマー病のリスクが高まるため要注意です。それだけでなく、脳血管障害などの疾患のリスクも高まるため、葉酸はしっかり摂取しなければなりません。その点、オレンジやキウイなら必要な葉酸が十分に含まれているので、脳機能にとってぴったりの果物です。

カフェモカという飲み物をご存じでしょうか。エスプレッソにホットミルクとチョコレートシロップを加えた飲み物です。ダークチョコレートたっぷりなので、記憶力の向上に良いと言われています。さらに脳機能に良い影響をもたらすなら、カフェモカにココアパウダーを加えてみましょう。ココアには血圧を抑制する作用があるとともに、記憶力アップの効果も期待できます。

もはや一種の日本食であるカレーも、脳にとって良い食べ物です。カレー粉には香辛料のターメリックが含まれていますが、この香辛料には免疫力や認知機能アップに役立つクルクミンが含有されています。カレーを嫌いな人はほとんどいないでしょうから、これまで以上に積極的に食べてはいかがでしょうか。ただし、カレーで認知症が予防できるかどうかは、科学者の間でもまだ意見が分かれています。

ポリフェノールたっぷりの赤ワインも脳に良いと言われることが多いです。実際、抗酸化作用が高いので、認知症やアルツハイマー病、高血圧、動脈硬化を予防できるという研究報告もあります。しかし、赤ワインが脳に良いからといって飲み過ぎは禁物です。お酒であることには変わりないため、飲みすぎると健康を害しますし、脳にとっても深刻なダメージをもたらします。赤ワインを飲むとしても、1日にグラス1~2杯に留めるようにしましょう。

脳に良い食べ物を挙げてきましたが、大事なことはバランスの良い食生活です。特定の食べ物を食べてすぐに脳の機能が高まるわけではありません。即効性を望むならピラセタムのようなスマートドラッグという手もあります。通販サイトで容易に購入できますので検討してみてください。

カテゴリ一覧

ページトップへ
アイパワー・精神安定剤通販&個人輸入・筋肉増強剤・アナボリックステロイド・抗生物質・フィンペシア・ミノキシジル のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。