検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

パキシルジェネリック(PEXEP) 40mg 100錠

¥15,623
商品コード: Pexep 50 tabs/pack 40 mg ×2
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
パキシルのジェネリック

製造元 : インタスファーマ Intas Pharma
原産地 : インド
成分:パロキセチン(Paroxetine)

抗うつ、抗不安、早漏防止
インド発送

有名なパキシルと同じ効果を実感いただけます。

■■■
うつ病患者を苦しめるうつ病に関する迷信。

うつ病を患っている人は、日々の生活に生きづらさを抱えています。それに追い打ちをかけるのがうつ病でない人たちからの偏見です。その偏見を恐れて周りに助けを求めることが出来ない人が多くいます。

最もよくある迷信が、うつ病は病気ではなく気持ちの問題だ、というものです。「その気になれば大丈夫」とか「甘えているだけ」、「精神的に弱い」などという言葉をかけられることが良くあります。「こころの病」という呼び方が誤解を招いているところがあります。うつ病を発症すると、消化不良、頭痛、睡眠障害、摂食障害など、自分の力ではどうすることもできない症状が現れます。またうつ病の症状は、気分がいい時でも現れます。気分は関係ないのです。

問題行動を起こすのはうつ病のせいだ、という迷信も一般的です。精神疾患が問題行動につながる例は確かにあります。例えば境界性パーソナリティー障害の患者は衝動を上手く抑えることが出来ず、激しい口調で話したり、暴力的な態度をとったりすることがあります。そのような他の精神疾患と適切に区別されず、うつ病も周りに害を及ぼす病気だと認識されることがあるのです。しかし実際のところは、うつ病患者が周りの人間に直接的な害を及ぼすことは少ないです。むしろうつ病患者には責任感が強い人が多いので、周りに迷惑をかけることを恐れている人がほとんどです。

うつ病患者の振る舞いに関していうと、うつ病患者は笑わないし楽しいアクティビティもしない、というイメージをもっている人も多いです。「あの人うつ病で休んでいたのに、笑顔でご飯を食べている写真がSNSに上がっていたよ。仮病なんじゃない?」このようなことをたまに耳にします。これは全くの誤解です。うつ病にかかると、常に気分が落ち込んでしまうという印象を持ってしまいますが、症状には波があり、身動きが取れないほど辛い時もあれば、本人もうつ病の存在を忘れてしまうほど楽になるときもあります。笑顔でいたから大丈夫、ではないのです。

うつ病は普通の人がかからない珍しい病気である、と考えている人もたくさんいます。しかし実際のところは、現代人の4人に1人がうつ病になったことがあるというデータが、世界保健機関(WHO)によって報告されています。日本だけの統計を見るとうつ病患者は100人に6人というデータが出ていますが、日本の自殺率や幸福度の低さを考慮すると、このデータは正確とは言えないでしょう。「うつ病にかかるのは心が弱い証拠だ」という迷信のため、専門家に相談できない、またはうつ病の知識が広まっておらず、自分がうつ病だと気が付かない人が多いため、データ上では少ないと考えられます。うつ病は世間が思っているよりもありふれた病気なのです。

うつ病患者はうつ病から復帰した後も偏見と闘わなければなりません。なぜかというと、うつ病が治れば以前と同じように活動ができる、という誤った考えを持っている人がいるためです。そのためうつ病を治し職場に復帰した後に、いきなり以前と同じ量の仕事を任されてしまい、うつ病を再発してしまったというケースはよくあります。うつ病の再発率は50%と高いです。そのうえ、うつ病を発症したときと同じ環境にいれば、再発してしまう可能性が高くなるのは容易に想像できます。うつ病は医師に治ったと言われた後も、継続してケアしていかなければいけないのです。

逆に、うつ病は1度かかったら治らない病気だ、という迷信も世間に出回っています。これに関してはグレーゾーンです。というのも、うつ病にかかった患者はいつ再発してもおかしくない状況にあり、その状態を「完治」と呼ぶかどうかは人の考えかたによるからです。とはいえ、治療後一切再発せずに一生を過ごす人もいることを考慮すると、うつ病は完治する病気といっても差し支えは無いでしょう。

うつ病の治療に関しては、薬物療法に関する迷信もあります。薬に頼るのは悪いこと、という迷信です。この迷信はうつ病患者の間ですら一般的です。「薬を使うと自分の弱さを認めることになる」「薬を使い始めると依存してしまい、それなしでは生きていけなくなる」「副作用で人格が変わってしまう」「病気ではないのだから薬なんて必要ない」というような誤った認識が広まっています。実際の医療現場では、うつ病の治療は心理療法と薬物療法の両方を使って進めていくことが一般的です。うつ病の原因の1つは、脳から分泌される、セロトニンやノルアドレナリンなど神経伝達物質の減少です。うつ病で使われる抗うつ薬はその神経伝達物質の促進を促すもので、危険性や依存性は無く、完治後に服用を止める患者がほとんどです。抗うつ剤のほかには精神安定剤も有効です。精神安定剤には気分を落ち着けたり、不安やイライラを解消したりする効果があります。効果の優しい精神安定剤は個人でも通販などを通して手に入れることができるので、必要に応じて服用を検討しましょう。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★☆ (7)

  • 2022/09/26 ライン さん ★★★★★

    適切な

    パキシルジェネリック(PEXEP) 40mg 100錠は、大変お世話になっている抗うつ剤の1つです。
    けっこう優秀な抗うつ薬の成分が利用されていて、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgを使用するメリットとは強く実感ができているところです。
    本気で、うつ病治療に取り組むなら、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgでして、これからも色々な場面で利用はさせて頂きたいものです。
    高確率で、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgは適切な効果を得られるでしょう。

  • 2022/09/09 中島 さん ★★★★★

    本物です

    有名な製薬会社が製造販売していまして、個人輸入代行アイパワーさんの、人気商品であるパキシルジェネリック(PEXEP) 40mgをよく利用をさせて頂くようにしています。
    パロキセチンが効果を発揮しまして、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgを利用していて、その効果はかなり信頼ができるものです。
    正真正銘本物でして、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgを服用していてまだ不安であるといったこともなしです。

  • 2022/08/23 三山 さん ★★★★★

    前向きに

    パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgは、いつも、積極的に利用させて頂いて、人気の抗うつ剤でして友人と一緒に利用をさせて頂くようにしています。
    先発薬と、同様の効果がありまして、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgとは、これからも、しっかりと活躍をして頂きたいものです。
    気持ちを前向きにできまして、人気商品のパキシルジェネリック(PEXEP) 40mgとは、これからも期待をして利用をしていく予定ですからよろしくお願いします。

  • 2022/08/12 夜 さん ★★★★☆

    今後とも

    ほんとに、ゾロフトのジェネリック Sertima(セルティマ) 50mgって、しっかりとした効果が実感できますから、個人輸入代行アイパワーさんから、大変よく購入をさせて頂くようにしています。
    非常に有名な製薬会社が製造販売していまして、ゾロフトのジェネリック Sertima(セルティマ) 50mg を利用していれば、すっごく鬱病の対策をしっかりとしていくことができることには感謝でいっぱいですよ。
    今後とも、よろしくお願いします。

  • 2022/08/12 松山 さん ★★★★☆

    毎日の生活

    口コミで評判でして、個人輸入代行アイパワーさんの、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgを前向きに利用をさせて頂くようにしています。
    優秀なジェネリック医薬品でして、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgを利用しているだけでも大違いです。
    使用方法は至って簡単でして、パキシルジェネリック(PEXEP) 40mgを利用していて、毎日の生活のクオリティを大きく下げたりといったことにはならないですよ。

レビューを投稿
アイパワー・精神安定剤通販&個人輸入 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。